患者のための精神科病院

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

明日に向かう15病院の実践

38.jpg

中央公論事業出版 / 2000 円(税別)

この本は月刊『中央公論』に連載された「21世紀の精神科医療」を1冊にまとめたものである。

日本各地の15の精神科病院が紹介され、「精神科病院とは何か」を知ることができる。鮫島病院も6番目に出てくる。

帯に書かれた日本医師会会長(第17代)唐澤祥人氏の「これまであまり知られていなかった精神科医療の現場を伝える貴重なレポート」という言葉が、この本の内容を端的に語っている。

もっとも本書は病院の紹介だけではなく、5人の精神科医が一堂に会した座談会が大きな魅力となっている。医師たちが何を思って治療しているかがうかがい知れるだけでなく、精神科病院の歴史や医療制度の実態、それに対する医師らの意見や要望がわかる。特に病院経営の話は興味深い。

一般企業では近年、精神保健の分野が大きく注目されている。精神科病院の役割や重要性を知ることの意味は、誰にとっても大きいだろう。

平易な言葉で手軽に読めるこの本は、タイトルどおり「患者のための」本だが、精神科の患者のためだけとするには少々もったいない。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【草水 敏[原作] 恵 三朗[漫画]】
イメージ:今月の1冊 - 73.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

Twitter


ページ上部へ戻る