広島県厚生農業協同組合連合会 尾道総合病院 杉田 孝 病院長

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

安心・安全な医療の提供を

杉田 孝(すぎた たかし) 1977 広島大学医学部卒業 1984 医学博士(広島大学) 1991 広島大学文部教官助手(広島大学医学部内講師) 1992 同講師1993 アメリカ合衆国ニューヨーク市メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター研究員 1994 同上 終了 1995広島大学医学部助教授 1998 オーストリア共和国ウィーン大学整形外科留学 2002 広島大学大学院医歯薬学総合研究科助教授 2003 県立広島病院整形外科部長 2008 独立行政法人国立病院機構呉医療センター・中国がんセンター統括診療部長 2009 同上 副院長 2015広島県厚生農業協同組合連合会尾道総合病院病院長 現在に至る

 広島県厚生農業協同組合連合会(JA)尾道総合病院は1957(昭和32)年開院。公的病院として、がん医療、救急医療、小児・産科医療などの分野で地域医療を担ってきた。

 杉田孝病院長は、昨年4月に病院長に就任。今後の取り組みなどについて話を聞いた。

c4-1-1.jpg

中学・高校・大学で野球部に所属していた杉田孝病院長。野球観戦が趣味で、広島東洋カープの試合はもちろんのことアメリカ留学中は、メジャーリーグの試合も観戦したそうだ。

―昨年4月に病院長に就任しました。

 病院長に就任したのが昨年4月1日。それと時を同じくして地域救命救急センターが開設されました。それまで広島市と福山市の間には、三次救急医療ができる施設がなかったので、当院に対する周囲の期待をひしひしと感じていますね。

 弓削孟文(ゆげ・おさふみ)前病院長の尽力によって開設したこのセンターを維持・発展させていくことが私に課せられた使命だと感じています。

 また、当院は広島県に3つある小児救急拠点病院のひとつなので、24時間体制で小児救急にも対応しています。

 病院長に就任して最初に感じたのは、廊下ですれ違う職員みなさんが、必ず笑顔であいさつしてくれることです。当院は393床と比較的中規模な病院だということも関係しているのかもしれませんが、院内は和気あいあいとしていますね。

 アットホームなこの雰囲気は、先達が築いてきた風土だと思うので、今後もそれを継承していかねばならないと感じています。

―今後の目標は。

 病院長に就任してから現在まで非常に忙しく、まだ臨床には立っていません。赤字を抱えている状況でもあるので、当面は病院長職に専念ですね。

 いい医療を提供するためには、経営が健全でないといけません。今年度は、ずいぶん経営状況が好転してきており、希望の光が見えつつあります。

 優秀な人材を集めるには、良い環境を整備しなければなりません。経営が良くなると環境を整えることができ、良い人材が集まるという、好循環が生じます。いい流れが生まれていると感じているので、これを維持、促進させていかなければならないと感じています。

ー職員に望むことはなんですか。

 尾道・三原地区において信頼される病院になりつつあると感じています。これからも地域の中核病院としての責任を肝に銘じて、医療に従事しなければなりません。地域のために貢献するのだという目標があれば、職員が一丸となって頑張れると思うんです。

 当院のシンボルマークは「ハンド・イン・ハンド」という、人が手と手をつないでいるデザインです。

 ハンド・イン・ハンドとは医療行為である「手当て」を意味しています。患者さんの手を握る、さすることも手当てです。

 職員はハンド・イン・ハンドの精神を胸に温かい医療を実践しています。

 当院の職員は「人のために尽くす」ヒポクラテスの精神を持ち合わせています。それが医療者の原点なので、これからもその思いを忘れずに業務に励んでもらいたいですね。

 地域医療構想で、医療を取り巻く状況は変化しつつあります。今後、当院は高度急性期病床を担う病院になると思いますので、その責任を肝に銘じて、みなさんの生活や健康を守る病院でありたいと思います。

 高度な医療を行うと、そこには必ず危険が伴ってきます。私が病院長に就任して最初に職員に言ったことは「安心・安全な医療の提供」です。医療安全文化の土壌を築いていかねばならないと感じていますね。

 当院では、医療安全の提供のために各部門の責任者を集めて、毎日「ヒヤリ・ハット会議」を行っています。この会議の目的は、診療中などにヒヤッとしたこと、ハッとした体験報告を受け、この事実の把握・分析を行い、迅速に対策を検討・提案することです。直ちに対応することにより、未然に事故やトラブルを防止します。

 高度な医療を提供するためには、なによりも医療安全が大事なので、今後もこの取り組みを続けていくつもりです。

尾道総合病院
広島県尾道市平原一丁目10番23号
TEL:0848(22)8111


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【草水 敏[原作] 恵 三朗[漫画]】
イメージ:今月の1冊 - 73.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

Twitter


ページ上部へ戻る