今月の1冊 - 48.「野球ノートに書いた甲子園」

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

k9-1-1.jpg

高校野球ドットコム編集部 KKベストセラーズ
A5版×191ページ 定価=1,000円+税

 本当の「チームワーク」が育まれる舞台裏をのぞかせてもらえる1冊。

 世代や性別を問わず注目を集め、熱狂的なファンも多い高校野球。春と夏、甲子園球場の土を踏むことを夢に、日々休まず練習に励む球児たちがつづる「野球ノート」を紹介。

 1年生から3年生まで、毎日の練習を終え、必ず手書きで、その日「気づいたこと・感じたこと・学んだこと」を素直につづる。監督をはじめ、部員のみんなが読むノートの描き方は、学校や個人によって異なる。

 チームが勝つために、「本音」でつづることが求められるノート。

 監督や先輩への尊敬、メンバーやマネージャーへの感謝だけでなく、朝早く起きて弁当を作って学校へ送り出し、風呂に湯を張り帰宅を待つ母親や家族への感謝がしたためられている。1人1人の癖のある字に、味わいを感じ、胸が熱くなる。

 「いい日誌というのは個人のことより、チームのことが多めに書かれています。どうしたらチームがひとつになるかとか、どうやったら日本一のいいチームになるかとか。そうなるために自分はどうすればいいかということが自然と書かれている日誌が、『日本一、心を持った日誌』ですね」。都立の雄=小山台高校・福嶋正信監督の言葉が心に残る。

 社会や企業の中で求められる「業務日報」を書く目的・意味・意義について、「チームの一員としての私」の心根を見つめなおすのに、快音が響く。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2017年5月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 68.こころをつなぐ小児医療
満留昭久[著]

Twitter


ページ上部へ戻る