参加者から高い評価 「思春期の心に寄りそう」

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

精神保健福祉夏期講座

12.jpg

 7月31日と8月1日の両日、福岡県春日市のクローバープラザで精神保健福祉夏期講座「現代の思春期の心に寄りそう」があり、小中高教諭を中心に336人が参加した。

 主催は福岡県精神保健福祉協会と同精神保健福祉センター。

 講師は神庭重信九州大学医学研究院教授、阪中順子四天王寺学園小学校教諭、三原聡子臨床心理士、緒方よしみ福岡市発達障がい者支援センター所長で、参加者数が予定を大きく上回ったのは、世相の反映とも言えそう。

 講座修了後アンケートに答えたのは188人(56%)で、内訳は養護教諭69人、教諭30人、保健師25人、相談・指導員24人、心理・福祉職21人、看護師8人、医師2人など。

 感想は「大変役に立った」と「役に立った」を合わせると、4講演に差はあるものの75%〜90%と高評価。自由記述では、昨年と同様、学ぶ姿勢で参加した人は建設的で前向きな感想が多く、即効的な効能を得に来た人には、期待に沿わなかったことへの落胆があった。(川本)


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【草水 敏[原作] 恵 三朗[漫画]】
イメージ:今月の1冊 - 73.フラジャイル 病理医岸京一郎の所見
フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

Twitter


ページ上部へ戻る