済生会山口地域ケアセンター済生会湯田温泉病院 中村 洋 所長・院長

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

IT化で深めるつながり 急性期と在宅の懸け橋に

【なかむら・ひろし】 1980 山口大学医学部卒業 同放射線医学教室入局 1985 同助手 1987 周東総合病院放射線科部長 1990 山口大学医学部放射線部助手 1993 済生会山口総合病院放射線科部長 2010 同院長補佐 2014 同副院長 2018 済生会山口地域ケアセンター所長 湯田温泉病院院長

 山口市にある済生会山口地域ケアセンター。慢性期医療を中心とする「済生会湯田温泉病院」のほか、特別養護老人ホーム、障害者支援施設など12施設を一体的に運営する。この4月、中村洋所長・湯田温泉病院院長が着任。急性期病院での経験をどう生かしていくのだろうか。

c10-1-1.jpg

―着任して感じる済生会湯田温泉病院の強みは。

 当院は済生会山口地域ケアセンターを構成する一つの施設です。センターには介護が必要な方、障害がある方など、さまざまな状態の方がいます。必然的に、当院の患者さんも幅広い年齢層、病態になる。一人ひとりにしっかりと向き合い、対応できる力を持っているというのが、強みの一つだと思います。

 慢性期の治療に特化していて、142ある病床はすべて医療療養病床です。源泉が当院から1.5km離れた場所にあり、温泉を使った室内プールも大きな特徴。リハビリテーションなどに活用されています。

―急性期の済生会山口総合病院から赴任。戸惑いはなかったのでしょうか。

 就任当初は慣れないことが多かったですね。そこで、まず、私が取り組んだことはスタッフとのコミュニケーションです。病院だけでなく、センター内のすべての施設に運営上の問題や改善点をヒアリングしに行きました。

 トップが変わると意見を言いづらいこともある。こちらから声をかけることで、スタッフの信頼を得ていきたいと考えています。

 今後は、自分の経験をもとに、新しい診療の柱やシステムを導入したいですね。

 私の専門は放射線科です。当院には昨年の12月に新しくCT撮影装置が導入されました。クリニックなどからの精密検査の受け入れを進めたいと考えています。そのためには画像サーバーや結果報告書を作成するレポーティングシステムなどが必要ですので、整備を急ぎたいと思っています。

―地域での活動については。

 今、山口県医師会常任理事として、山口、防府などの医療機関、介護施設などをつなぐ医療介護連携ネットワーク「県央デルタネットシステム」の構築を支援しています。2019年4月に運用開始。本格稼働は、同年10月の予定です。

 このシステムが動き出すことによって、当院は済生会山口病院、山口総合赤十字病院など急性期を担う基幹病院の患者さんのデータを参照できる。これは患者さんの受け入れの際に大きなメリットです。

 また、訪問診療をする医師と情報を共有できれば、当院を退院して在宅療養している患者さんの異変にも、対応しやすくなるでしょう。

 訪問看護やリハビリ、介護を担当する施設とも連携が取れるよう、共有すべきデータを精査し、システムをつくりあげていきたい。それと同時に、当院のシステムも整えていきたいと思っています。

―済生会湯田温泉病院に、求められる役割は。

c10-1-2.jpg

 山口県の人口は年々減っている一方で、高齢化率は上昇。高齢者の多くは急性期の病院を退院してもすぐに日常生活に戻れるわけではありません。在宅または慢性期の病院との間をつなぐ役割が今後、担っていきたいと思っている部分です。

 まずは当院の医療療養病床の一部を回復期の病床に変えることで、急性期の病院からの患者さんを受け入れられるようにしたいと考えています。回復期病床は、山口県の地域医療構想でも不足すると予測されています。地域のニーズは高いはずです。

 済生会グループ内での連携も一層強めていきたいと思っています。山口総合病院を退院した患者さんを回復期の病床で受け入れ、当院でリハビリなどを施した後は、地域ケアセンター内の施設、または自宅へ移っていただく。障害者や高齢者、生活困窮者などすべての人にクオリティーの高い医療を提供する。そのためにも、IT化と連携の推進は、欠かせないと思っています。

社会福祉法人恩賜財団済生会支部 山口県済生会 済生会湯田温泉病院
山口市朝倉町4-55
TEL:083-932-3311(代表)
http://saiseikai-care-y.jp/facility/yuda_hospital


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

九州医事新報社ブログ

読者アンケートにご協力ください

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

暮らし継がれる家|三井ホーム

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2018年10月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 85.看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護
看護師のための明治文学 漱石の時代の介抱・看病・看護

Twitter


ページ上部へ戻る