福岡大学筑紫病院 病院長 向野 利寛

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

k6-4-1.jpg

 新年明けましておめでとうございます。 皆さまには、良いお年を迎えられたことと拝察いたします。旧年中は福岡大学筑紫病院に多大なご厚情を頂き、誠に有難うございました。

 昨年4月の診療報酬改定、特に看護必要度の変更などは、急性期医療を担う病院にとって厳しいものでした。その影響は当院も多く受けました。これからも厳しい医療環境が続くと考えられます。将来を見据えつつ、できるだけ診療報酬改定に影響されない病院経営を考えていくしかありません。

 その中で、地域に根ざした大学病院としてこれからも地域社会に貢献できる病院としての機能を充実させたいと考えています。その一つとして、昨年4月には国から地域がん診療病院の指定を受けました。がん診療と共に患者さん本人や家族の方へのいろんな支援を行っていきます。

 今後の医療環境を考えますと、医療コストの削減とそれに伴う在宅医療の推進という主な方向性は変わらないと思われます。当院は、急性期医療を行いながら、地域医療支援病院として在宅医療にも大学病院らしい形で積極的に貢献していきたいと考えています。

 筑紫医療圏では回復期リハビリテーション病床が不足しています。そのため、急性期病院から直接、家に帰る方も出てきます。在宅医療は、患者本人のみならず家族にも負担が大きく、不安があると思われます。地域には訪問看護ステーションもありますが、対処が難しい場合もあります。

 当院は医師会や訪問看護ステーションなどと協力して、安心して在宅医療ができる環境整備に貢献していきます。当院の医師・看護師を、在宅医療を受ける家庭に派遣してどういう在宅医療が出来るか、どう手助けできるかを検討・実践する、そのために院内に訪問看護室を設置します。在宅医療を受けている方や訪問看護ステーションからの相談などに応じると共に、筑紫地区の病院・診療所・訪問看護ステーションとの連携を深め、より良い医療が提供できるように役割を果たしていきたいと考えています。

 今後ともより一層のご指導、ご協力をお願い申しあげます。

 最後に、今年が皆さまにとって良い年でありますよう祈念いたします。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2017年7月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 70.地域医療構想をどう策定するか
松田晋哉[著]

Twitter


ページ上部へ戻る