次期世界医師会会長に、横倉 義武 日本医師会会長

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

九州選出は初、日本人3人目

k20-3-1.jpg

横倉義武日本医師会会長

 11月16日、福岡県医師会が定例記者会見を開催し、冒頭、堤康博副会長は、福岡県選出の横倉義武日本医師会会長が、次期の世界医師会会長に選出されたことを発表した。

 10月20日に台湾・台北で開かれた世界医師会(WMA)総会で決定されたもので、任期は来年10月から1年間。日本医師会からは、1975( 昭和50)年の武見太郎氏、2000年の坪井栄孝氏に続いて3人目となる。

 続いて、県医師会の原祐一常任理事は、福岡県医師会診療情報ネットワーク、通称「とびうめネット」について現状を報告した。

 参加医療機関数は今年91日時点で392施設、登録患者数は4600人(9月末時点)。県医師会は特に65歳以上の県民の登録を推奨しており、今後はさらなる広報活動に力を入れる、としている。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【2017年5月の1冊】
イメージ:今月の1冊 - 68.こころをつなぐ小児医療
満留昭久[著]

Twitter


ページ上部へ戻る