九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

福岡大学医学部小児科 廣瀬 伸一 主任教授

福岡大学の小児科には糖尿病内科がある。子どもたちへの治療は、小児科内の他分野の専門家や福岡大学特有のスポーツ科学部と連携して進められているのが特徴だ。小児糖尿病の現状や患者・家族への向き合い方について、廣瀬伸一主任教授に話を聞いた。

続きを読む

近づくか社会との共生

精神疾患領域の課題の一つ「入院の長期化」。地域包括ケアシステム構築の流れの中で、患者をどう社会へ移行させていくか、議論が活発化している。

続きを読む

岡崎市民病院 早川 文雄 院長

名古屋市から電車で約30分。「郷土愛が強く地元を離れても戻ってくる人が多いと思う」とにこやかに話す早川文雄新院長も「岡崎っ子」の一人だ。2020年までに市の医療はいくつかの転換点を迎える。今の思いを尋ねた。

続きを読む
メニューを閉じる