のぞみ会九州・山口支部が医療講演会

  • はてなブックマークに追加
  • Google Bookmarks に追加
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • del.icio.us に登録
  • ライブドアクリップに追加
  • RSS
  • この記事についてTwitterでつぶやく

内藤正俊=福岡大学整形外科教授が講演

71.jpg

72.jpg

 変形性股関節症の患者らで作るNPO法人のぞみ会九州・山口支部(深野百合子支部長)の、2014年医療講演会が5月31日、福岡市中央区荒戸のふくふくホールで開かれ、九州一円と山口から150人が集まった。

 午前中は交流会が1時間あり、午後は支部長あいさつのあと、体験発表と医療講演、視覚障害者「のぎくの会」のメンバーの三味線演奏も行なわれた。

 体験発表をしたのは、原節子さんと吉田悠弥子さん=上の写真。患者になってからの苦労と、治療で得られた歩く自由の素晴らしさを語った。

 講演の講師は、股関節外科と下肢のスポーツ障害のスペシャリストで、元福岡大学病院長の内藤正俊整形外科教授(福岡大学副学長)=同下。

 「変形性股関節症の原因に応じた治療法―股関節鏡から人工股関節再置換術まで」をテーマに、およそ1時間話した。質疑応答でもていねいに答え、分かりやすいと好評だったようだ。

 総合司会を岩木利恵子さんが務めた。


九州医事新報社ではライター(編集職)を募集しています

楽採で医師の採用を「楽」に!

博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【著者:仲野 徹】
イメージ:今月の1冊 - 75.こわいもの知らずの病理学講義
こわいもの知らずの病理学講義

Twitter


ページ上部へ戻る