平成28年4月14日および16日に熊本県熊本地方で発生した「平成28年(2016年)熊本地震」におきまして、
被災された皆様に心からお見舞いを申し上げますとともに、
一日も早い被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。

  • 一般社団法人メディワーククリエイト
  • このバナー枠に求人広告をだしてみませんか
Previous
Next
  • 1
  • 2

2016年9月20日号

イメージ:【九州初】乳房再建全国キャラバン in 福岡

【九州初】乳房再建全国キャラバン in 福岡

NPO法人E‐BeC(エンパワリング ブレストキャンサー)は、このほど、九州で初めての「乳房再建全国キャラバン」を福岡市中央区で開き、女性124人が参加した。冒頭、乳腺外科医の田中眞紀・久留米総合病院院長と、再建に定評のある矢永博子・矢永クリ

特集

イメージ:「安心・安全」な居住環境で終身快適なシニアライフをサポート

「安心・安全」な居住環境で終身快適なシニアライフをサポート

福岡市有数の高級住宅街として知られる薬院・浄水エリア。博多駅や天神などの都心に近く、利便性にも優れた人気のエリアだ。

インタビュー九州版

イメージ:熊本大学大学院神経内科学 山下 賢 准教授

熊本大学大学院神経内科学 山下 賢 准教授

熊本大学大学院神経内科学は、スタッフ、大学院生などを合わせて約50人が所属、神経内科の講座としては全国でも有数の規模だという。山下賢准教授に講座の研究や取り組みについて話を聞いた。

イメージ:国保水俣市立総合医療センター 丸山英樹 院長

国保水俣市立総合医療センター 丸山英樹 院長

水俣地方は熊本県と鹿児島県の県境にあり、文化圏としては熊本よりも鹿児島文化圏に入ります。住民のみなさんは日本酒より芋焼酎を好みますし、言葉も鹿児島の方言に近いようです。「県境」にある水俣市は、県内にある11の2次医療圏の中で最小の、芦北医療圏に属します。人口は水俣市が約2万7千人、全体でも約4万人の小さな医療圏です。

イメージ:戸畑総合病院 本村良次 院長

戸畑総合病院 本村良次 院長

7月に北九州市戸畑区牧山から同区福柳木に新築移転した戸畑総合病院(旧牧山中央病院)。新病院の特徴と目指す姿を、本村良次院長に聞いた。

イメージ:かんた内科医院 菊間 幹太 院長

かんた内科医院 菊間 幹太 院長

6月1日、福岡県大野城市に開院した「かんた内科医院」。地域のかかりつけ医を目指し、外来診療だけでなく、在宅医療にも力を入れる。菊間幹太院長に、開院の理由や思いを聞いた。

イメージ:福岡大学医学部泌尿器科学講座 田中 正利 主任教授

福岡大学医学部泌尿器科学講座 田中 正利 主任教授

福岡大学病院の理念は「あたたかい医療」です。当科では、その理念のもと患者さんにやさしい高度な先進的医療を提供できるように努力しています。小児から高齢者に及ぶ幅広い年齢において、また先天奇形から悪性腫瘍に及ぶさまざまな泌尿器疾患に対して、内視鏡を用いた患者さんに負担が少ない低侵襲治療を行っています。

イメージ:長崎大学病院 地域連携児童思春期精神医学診療部 今村 明 教授

長崎大学病院 地域連携児童思春期精神医学診療部 今村 明 教授

長崎大学病院地域連携児童思春期精神医学診療部は昨年10月1日に長崎大学病院精神科神経科内に開設。今年3月1日に今村明教授が初代教授に就任した。今村教授に開設の経緯や今後の取り組みなどを聞いた。

イメージ:沖縄協同病院 仲程 正哲 院長

沖縄協同病院 仲程 正哲 院長

沖縄協同病院は沖縄医療生活協同組合のセンター病院として1976(昭和51)年に豊見城市で開院。2009年に急性期病院として現在の場所に新築移転した。仲程正哲院長に病院の特徴や地域で果たしている役割などを聞いた。

イメージ:社会医療法人 敬愛会 中頭病院 宮里 善次 院長

社会医療法人 敬愛会 中頭病院 宮里 善次 院長

沖縄協同病院は沖縄医療生活協同組合のセンター病院として1976(昭和51)年に豊見城市で開院。2009年に急性期病院として現在の場所に新築移転した。仲程正哲院長に病院の特徴や地域で果たしている役割などを聞いた。

イメージ:医療法人社団広仁会 広瀬病院 古賀稔啓 理事長/院長

医療法人社団広仁会 広瀬病院 古賀稔啓 理事長/院長

これまでに手がけた乳がん手術は1000例を超えるという古賀稔啓・広瀬病院院長。現在も外科的治療を基本に乳がんの総合的治療を進めている。乳がん患者の会「患者様のつどい」の会長も務める古賀院長に話を聞いた。

イメージ:しぶた乳腺クリニック 渋田健二 院長

しぶた乳腺クリニック 渋田健二 院長

高齢化で増える「がん」の中でも、乳がんは、特にその増加が著しくなっています。私が乳腺の診療を始めた15年ほど前は、一生のうちで乳がんにかかる日本人女性は24人に1人と言われていました。今は、12人に1人。およそ倍です。

イメージ:第26回日本乳癌検診学会学術総会 11月4日(金)・5日(土)  久留米シティプラザ

第26回日本乳癌検診学会学術総会 11月4日(金)・5日(土)  久留米シティプラザ

乳がん検診に関わる医療者が集う「第26回日本乳癌検診学会学術総会」が11月4日(金)・5日(土)、福岡県久留米市の久留米シティプラザで開かれる。会長は、地域医療機能推進機構久留米総合病院の田中眞紀院長。テーマ「次世代乳がん検診の夜明け」に込めた願いや概要を聞いた。

インタビュー中四国版

イメージ:医療法人昭和会 倉敷北病院 宮原淑人 理事長・院長

医療法人昭和会 倉敷北病院 宮原淑人 理事長・院長

本当は、動物学者になりたくて、京都大学でゴリラなどの類人猿の研究をしたい気持ちもありました。しかし、地元の岡山県で父が開業医をしていたこともあり、医師の道へ進みました。岡山大学の麻酔科に入局し、最初に救急医療を学びました。交通事故に遭った患者さんなどが多く運ばれて来ますから、専門にこだわることなく、どんな症例も診ていたのです。

イメージ:瀬戸内市立 瀬戸内市民病院 竹内龍三 病院長

瀬戸内市立 瀬戸内市民病院 竹内龍三 病院長

建物はすでに完成していて、10月1日(土)に開院予定です。設計段階では3階建てだったのですが、予算を見直して2階建てに変更しました。しかし、かなり広いスペースを確保することができ、現行病院の2・5倍程度の延床面積になります。

イメージ:医療法人 徹慈会 堀 病院 宇髙 毅 理事長・院長

医療法人 徹慈会 堀 病院 宇髙 毅 理事長・院長

耳鼻科と眼科ともに、手術については大学病院と同じレベルのものを提供していると自負しています。特に耳の手術件数は一部の大学病院をおさえ中四国地方で7番目に多い実績があります(2014年実績)。もっとも、当院は「手術ありき」で治療を進めているわけではありません。

イメージ:徳島大学病院がん診療連携センター 埴淵昌毅 センター長

徳島大学病院がん診療連携センター 埴淵昌毅 センター長

昔に比べると、がんの早期発見が増え、5年生存率は50%以上です。今は、「がん=死」ではありませんし、「がん=失職」という状況も少なくなりました。がんと診断されても就労を維持できるような対策が必要とされています。そこで、国の「がん対策推進基本計画」の中にもある「がん患者の就労支援」の取り組みの一つとして...

イメージ:医療法人永島会 永井病院 市川 德和 院長

医療法人永島会 永井病院 市川 德和 院長

永井病院は高知市春野地域で、患者の在宅復帰を見すえた医療を提供する慢性期病院。市川德和院長に地域医療や健康寿命延伸のための取り組みについて聞いた。

イメージ:眼科専門病院 医療法人明世社 白井病院 院長 宇野敏彦 / 理事長 白井義人

眼科専門病院 医療法人明世社 白井病院 院長 宇野敏彦 / 理事長 白井義人

1887(明治20)年2月、四国に小さな医院が誕生した。当時の総理大臣は伊藤博文、同じ年の5月には、救護団体「博愛社」が日本赤十字社と改称され、赤十字国際委員会から承認されている。現・香川県三豊市(香川県が現在の形になったのは1888年)に開業した医院は1922年に白井病院として許可を受けた。

イメージ:島根大学医学部 産科婦人科 京 哲 教授

島根大学医学部 産科婦人科 京 哲 教授

日本産科婦人科学会では医療資源の集約化を推進しています。しかし、集約化と言っても都会と地方では医療事情が大きく異なります。都会は狭い範囲にたくさんの病院があります。集約化することで施設ごとの医療資源が充実し、良質な医療が提供できるようになるでしょう。

イメージ:高知大学医学部附属病院乳腺センター 杉本健樹 センター長

高知大学医学部附属病院乳腺センター 杉本健樹 センター長

昨年10月に発足した高知大学医学部附属病院乳腺センター。杉本健樹センター長は、「乳腺診療が複雑化したため、外科医が単独で対応することは難しくなった」と話す。県内随一の乳がん治療病院が見据える次代の乳がん治療とは。

イメージ:【西日本唯一の乳がん看護師認定教育施設】鳥取大学医学部保健学科 病態検査学講座 廣岡保明 教授

【西日本唯一の乳がん看護師認定教育施設】鳥取大学医学部保健学科 病態検査学講座 廣岡保明 教授

乳がん罹患( りかん)率が高まる中、ますますその役割が注目されている乳がん看護認定看護師。西日本唯一の認定教育施設で、「乳がん看護認定看護師教育課程」を設けている鳥取大学医学部附属病院医療スタッフ研修センターの廣岡保明センター長に話を聞いた。

イメージ:愛知県がんセンター中央病院乳腺科部 岩田広治 副院長/部長

愛知県がんセンター中央病院乳腺科部 岩田広治 副院長/部長

県立のがん専門病院として、国内でもっとも長い歴史がある愛知県がんセンター。開院翌年の1965(昭和40)年には167人だった同センターの乳がん患者数は、2008年に400人を突破。ここ数年は500人前後で推移している。日本の乳がん治療をリードする、同センター中央病院副院長で乳腺科部の岩田広治部長に、乳がん診療と人材育成について聞いた。

イメージ:愛媛大学医学部附属病院 乳腺センター 亀井 義明 センター長

愛媛大学医学部附属病院 乳腺センター 亀井 義明 センター長

愛媛大学の乳腺センターでは乳腺疾患全般に対する診断、治療に取り組んでいる。特に乳がんの治療については診断から手術、薬物療法、放射線療法、および、その治療後のフォローアップなどに力を入れる。亀井義明センター長に取り組みを聞いた。

イメージ:岡山大学病院 乳腺・内分泌外科 土井原 博義 教授

岡山大学病院 乳腺・内分泌外科 土井原 博義 教授

岡山大学病院では社会復帰した乳がん体験者がピア・サポーターとして術前・術後の患者さんと面談。アドバイスなどをしています。これから治療・手術を受けようとする患者さんは不安が強いものです。先日、ピア・サポーターとの面談を受けた51歳の女性は、術前化学療法になったことに不安を感じていました。

インタビュー東海版

イメージ:三重大学医学部附属病院乳腺センター 小川朋子 教授

三重大学医学部附属病院乳腺センター 小川朋子 教授

日本人女性が罹患(りかん)するがんの中で最も多い乳がん。生活様式の欧米化により増加傾向で、最新のデータでは12人に1人の割合でかかる。三重大学医学部附属病院乳腺センターの初代センター長として、県内の乳がん治療に注力する小川朋子教授に話を聞いた。

イメージ:順天堂大学医学部附属静岡病院 三橋 直樹 院長

順天堂大学医学部附属静岡病院 三橋 直樹 院長

1967(昭和42)年に町立伊豆長岡病院の運営を引き継いだ順天堂大学附属静岡病院。50年余もの長きにわたり、地域の基幹病院としての役割を担ってきた。約60万人を擁する駿東田方医療圏にある同院の地域での役割などについて、三橋直樹院長に話を聞いた。

イメージ:医療法人社団 喜生会 新富士病院 川上 正人 理事長・院長

医療法人社団 喜生会 新富士病院 川上 正人 理事長・院長

1988(昭和63)年に開設した新富士病院は、高齢者医療を中心に運営を進め、介護老人保健施設や在宅医療の機能も加わった。同院の立ち上げから診療に携わり、2015年に理事長に就任した川上正人理事長に話を聞いた。

イメージ:特定医療法人 衆済会 増子記念病院 両角 國男 理事長

特定医療法人 衆済会 増子記念病院 両角 國男 理事長

1946(昭和21)年、名古屋市に開院した増子記念病院は肝臓分野と腎臓分野の専門病院として発展。地域はもとより、医療界をけん引してきた実績を持つ。歴史を生かしながら、次の時代にも社会に貢献する病院を目指し、変革を進める両角國男理事長に話を聞いた。

イメージ:医療法人 富田浜病院 河野 稔文 院長

医療法人 富田浜病院 河野 稔文 院長

1918(大正7)年に誕生し、間もなく100周年を迎える富田浜病院。整形外科部門を柱に、地域の基幹病院として発展してきた同院の院長に今年4月、河野稔文医師が就任した。意気込みなどについて河野院長に聞いた。

イメージ:市立恵那病院 浅野 雅嘉 病院長

市立恵那病院 浅野 雅嘉 病院長

市立恵那病院は、旧国立療養所恵那病院の運営を引き継ぎ、2003年12月に岐阜県内初の公設民営病院としてスタートした。開設者は恵那市。公益社団法人地域医療振興協会が管理運営する。初年度から黒字経営を続ける同院の浅野雅嘉病院長に話を聞いた。

インタビュー関西版

イメージ:特定医療法人恵風会 高岡病院 長尾 卓夫 理事長・院長

特定医療法人恵風会 高岡病院 長尾 卓夫 理事長・院長

高岡病院は1955(昭和30)年に西播磨地域で最初にできた精神科病院で、地域の精神科の中核的な役割を担っています。姫路市内には精神科を持っている総合病院がないので、身体合併症は主として姫路赤十字病院と連携をしています。

イメージ:社会医療法人 愛仁会 明石医療センター 坂本 丞 院長

社会医療法人 愛仁会 明石医療センター 坂本 丞 院長

当院は、1923(大正12)年、加古川第一陸軍病院として開設され、1951年(昭和26)年に国立明石病院となりました。2001年の、いわゆる「小泉構造改革」によって、一時は廃院の危機に直面しましたが、地域住民の方々の強い要望によって存続が決まり、明石市医師会に移譲。同年、明石医療センター(247床)として診療を開始しました。

イメージ:大阪赤十字病院 隠岐尚悟 院長

大阪赤十字病院 隠岐尚悟 院長

今から107年前の1909(明治42)年に創立された大阪赤十字病院は入院患者数、手術件数、救急搬送数、診療エリアなど全国でも最大級で、大学病院に匹敵する診療体制を有しています。高度急性期病院としての診療と同時に、全国5カ所にある日本赤十字社国際医療拠点病院にも指定され、国内外の災害救護活動や医療支援に積極的に取り組んでいます。

イメージ:淀川キリスト教病院 渡辺直也 院長

淀川キリスト教病院 渡辺直也 院長

「からだとこころとたましいが一体である人間(全人)にキリストの愛をもって仕える医療」との理念がある。周産期から急性期、そして終末期医療まで、全人医療の観点から話してもらった。

イメージ:社会医療法人 生長会 府中病院 竹内一浩 病院長

社会医療法人 生長会 府中病院 竹内一浩 病院長

当院には現在1060人の職員が働いています。医師が118人、看護師が520人、その他、多くのメディカルスタッフが患者さんのためにチーム医療を展開しています。人材確保に苦しむ病院も多い中、当院には良い人材が多く集まってくれるのは、本当にありがたいことですし、そのチーム力の強さは自慢できると思っています。

イメージ:大阪南医療センター 齊藤正伸 院長

大阪南医療センター 齊藤正伸 院長

大阪南医療センターは、1945(昭和20)年に国立大阪病院として創設されて以来、70年を超える歴史を誇る。2004年からは独立行政法人国立病院機構に組織変更し、大阪南部の基幹病院として「急性期医療」を提供してきた。近年は、重点医療として「免疫異常疾患(リウマチ、アレルギー、膠原病など)」や...

イメージ:市立吹田市民病院 衣田 誠克 総長

市立吹田市民病院 衣田 誠克 総長

大阪府吹田市は人口約36万人。国勢調査の最新の結果によると、人口増加率5.36%と大阪府内トップとなった。市の中核病院となる吹田市民病院は、2018年度、新病院に生まれ変わる。衣田誠克総長に話を聞いた。

学会レポート

その他の記事

イメージ:未来プロジェクト2016

未来プロジェクト2016

医療従事者を目指す学生が、現役の医師やがんの体験者とともに、チーム医療について考える「未来プロジェクト2016」が、8月27日、28日、天神ビル(福岡市中央区)で開催された。認定NPO法人ハッピーマンマの主催で年1回開き、今年で9回目。大学医学部、薬学部などの学生50人のほか、現役の医師、薬剤師らによる世話人など30人も参加した。

イメージ:【九州がんセンター】親と子の「がんと遺伝子」夏の講習会

【九州がんセンター】親と子の「がんと遺伝子」夏の講習会

九州がんセンター(福岡市南区)主催の「第6回親と子の『がんと遺伝子』夏の講習会」がこのほど、同センターで開かれた。小中学生と保護者16人が参加し、2日間の日程で「体内で何が起きて、がんになるのか」に迫った。「言葉は簡単にしているが、内容は医学部大学院初年度の講義レベル」という同講習会。

イメージ:寄稿 人材定着講座⑤

寄稿 人材定着講座⑤

看護師の仕事の経験を積んでいくと、さまざまな専門スキルを身につける道が見えてきます。看護師の人材不足が深刻であることから、最近では人材確保・定着のためにキャリアパス(具体的な昇進例)を提示するところが出てきました。ほかにも、人材育成、人材教育制度を取り入れる事業所も増えています。

イメージ:ヤマト・スタッフ・サプライの送迎サポートサービス

ヤマト・スタッフ・サプライの送迎サポートサービス

高齢社会を迎え、通院に苦労するお年寄りは増加傾向。すでに患者さんの無料送迎をしている病院・クリニックや、これから始めようという医療機関も多いのでは?ヤマト・スタッフ・サプライの「送迎サポートサービス」(業務委託)なら、医療機関側は送迎に使う車を用意するだけでOK。

イメージ:【大阪市で】医学の最先端を学ぶ、遊ぶ、体験する

【大阪市で】医学の最先端を学ぶ、遊ぶ、体験する

最新の医療や健康づくりを楽しく学ぶことで健康への意識を高めることを目的とした体験型イベント、「なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ―遊んで学んで広がる健康の絆」が開かれた。8月27日~29日の3日間、大阪市北区のJR大阪駅前・ハービスHALL(ハービスOSAKA地下2階)で開かれたイベントは...

イメージ:米沢慧セミナー にのさかクリニック・バイオエシックス研究会から

米沢慧セミナー にのさかクリニック・バイオエシックス研究会から

長寿社会の現在、がん、心不全、認知症、その他疾病や障がいによりケアを必要とする人が急増している。一方、家族介護者、医療や介護関係者の燃え尽き症候群、ひいては介護殺人などが社会問題として取り上げられている。ケアを必要とする人、その人に寄り添う人、皆が「三方よし」で和やかに暮らすためには...

イメージ:藤池昇龍のゴルフ道場⑥ NO GOLF,NO LIFE.

藤池昇龍のゴルフ道場⑥ NO GOLF,NO LIFE.

2位に5打差をつけての優勝で、完全復活を印象付けました。今大会での石川選手はショットのバランスが良く、アプローチ、パターともに絶好調でした。

コラム

イメージ:リビングウイル時代⑪ 尊厳と財政のはざま

リビングウイル時代⑪ 尊厳と財政のはざま

人は年齢順で死ぬのではない。それなのに「高額な終末期医療費が老人医療費を底上げし」と言われては、高齢者は肩身が狭い。まして「治療を差し控える尊厳死は医療費抑制に効果的」とは、ささやかれたくもない。「終末期医療とおカネ」の話は「患者の尊厳」と「医療財政の健全化」が係わる議論になるだけに、これまでなんとなく避けられてきた。それが"変"の気配である。

NO IMAGE

微細動

1998年デビューの椎名林檎。ナース服を着た過激なパフォーマンスや楽曲に眉をひそめた大人も多かった。彼女が演出に関わったリオ五輪の引継ぎ式の完成度の高さにファンとして胸が熱くなった。会場のどこかで見ていたであろう"望遠鏡の外の景色"は林檎の目にどう映っただろうか。

2016年9月号本誌目次

本誌ではweb版には掲載していない記事も多数ございます。


博多水引×九州医事新報

バングラデシュに看護学校を建てるプロジェクト

人体にも環境にも優しい天然素材で作られた枕で快適な眠りを。100%天然素材のラテックス枕NEMCA

一般社団法人メディワーククリエイト

日本赤十字社

全国骨髄バンク推進連絡協議会

今月の1冊

編集担当者が毎月オススメの書籍を紹介していくコーナーです。

【楽なようにやりたいように後悔しないように】
イメージ:今月の1冊 - 60.「楽なようにやりたいように後悔しないように」
永井康徳[ 著]たんぽぽ企画/四六判249 頁/ 1400 円+税

Twitter


ページ上部へ戻る