九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

滋賀県看護協会 会長 廣原 惠子

滋賀県看護協会 会長 廣原 惠子

ka7-4.jpg

 新年あけましておめでとうございます。

 皆さまにおかれましては、健やかに新春を迎えられましたこととお慶び申し上げます。

 また、この年末年始も勤務された多くの医療関係者の皆さまのご苦労に感謝申し上げます。

 さて、2019年の干支(えと)は、「亥」です。猪肉は万病を防ぐと言われ、無病息災の象徴とされ、イノシシで思い浮かぶ言葉と言えば、「猪突猛進」です。平成から新たな元号となる年でもあり、新しい時代に無病息災で目標に向かって前進する勢いのある年にしていきたいものです。

 ところで、皆さまもご承知の通り、少子超高齢社会の人口・疾病構造を見据えた社会保障制度改革は進み、保健医療計画や地域医療構想のもと、病床機能の分化、地域包括ケアシステムの推進、看護従事者の確保や勤務環境の改善がますます推進されているところです。

 当看護協会では、昨年度の重点事業として「地域包括ケアを支える看護の機能強化」のために、地域包括ケアシステム推進の中核となる地区支部内の統括保健師や施設代表看護管理者によるネットワーク会(地域看護ネット)や診療所・介護施設で働く看護職の課題解決に向けて関係者による検討会を設置し、活動を始めました。

 重点事業「組織強化」では、日本看護協会の示した「看護の将来ビジョン」のもと、滋賀県の保健・医療・福祉の現状と将来予測を踏まえた当看護協会の「看護の将来ビジョン」を策定し、今年6月に公表する予定です。今後はそのビジョン達成に向けて看護職が一丸となって事業を推進していきたいと考えております。

 今年も、あらゆる場で患者や住民を主体に考え活躍する看護職の熱い思いを結集し、当看護協会の使命である「看護の質の向上を図るとともに、安心して働き続けられる環境づくりを推進し、併せて人々のニーズに応える看護活動を展開することにより、県民の健康な生活の実現に寄与する」を念頭に、皆さまと共に看護の役割を発揮していきたいと思います。

 私自身が大切にしている言葉は、「日々是好日(にちにちこれこうじつ)」「出逢いは人生の財産」「一期一会」です。今年もさまざまな課題には同じやるなら楽しんで取り組み、さまざまな人とは良き出逢いにし、笑顔の日々を重ねていきたいと思っています。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる