九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

あなたの現場は?年末年始の働き方

あなたの現場は?年末年始の働き方

大晦日も元旦も医療を求める人は絶えません。中には「この時期ならでは」の患者さんも多いようです。あなたの現場はいかがですか?

Q.年末年始の勤務予定は?

etc3-1-1.jpg

過半数が「ある」と回答。やはり一般企業と同じようにゆったり過ごす、というわけにはいかないようです。

Q.年末年始の勤務担当はどうやって決めた?

話し合いのほか「くじ」という回答も目立ちました。

  • あみだくじ(呼吸器内科/女性)
  • 他の連休の担当と公平になるように決める(/男性)
  • どうしてもこの日はダメという人以外は暗黙の年功序列(/女性)
  • 医長の独断(/男性)
  • 若手で回す(呼吸器外科/男性)
  • 非常勤医師のみ(神経精神科/男性)

Q.印象的なエピソードは?

ハードな様子が目に浮かぶ…。そんなエピソードがずらりと寄せられました。

  • アルコール中毒が多くて嫌になりました(/女性)
  • 高齢者のもち詰まりによる窒息CPA症例が増加(循環器内科/男性)
  • 喧嘩した人が搬入された(内科/男性)
  • 手術室で年越し(呼吸器外科/男性)
  • 12月31日に除夜の鐘と同じ数の患者が来た(外科/男性)

Q.アルコール関連の対応で困ったことは?

etc3-1-2.jpg

最も要注意なケースに、みなさんはどう感じているのでしょうか。

  • 帰れるのになかなか帰ってくれない(外科/男性)
  • いざ診察しようとすると非協力的な人が多い(内科/男性)
  • 単なる酔っ払いがくる(消化器内科・産業医/男性)
  • 付き添いまで酔っぱらっていて騒がしいことが多い。他の患者さんの迷惑だと思う(外科/女性)
  • 眼鏡を壊された(外科/男性)

※株式会社エムステージ「」調査結果より作成
集計期間:2018年12月4日~12月6日 有効回答数:157人(男性133人、女性24人)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる