九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

CROSS TALK vol.09 -災害医療- 有事に必要な医療とは?東日本大震災の教訓

CROSS TALK vol.09 -災害医療-         有事に必要な医療とは?東日本大震災の教訓

東北大学大学院医学系研究科循環器内科学
教授(しもかわ・ひろあき)

1979年九州大学医学部卒業、同循環器内科学入局。
米メイヨークリニック、九州大学大学院医学系研究院助教授などを経て、2005年から現職。

久留米大学医学部内科学講座 心臓・血管内科部門
主任教授(ふくもと・よしひろ)

1991年九州大学医学部卒業。米ハーバード大学ブリガム・ウィメンズ病院、
東北大学大学院医学系研究科循環器内科学准教授などを経て、2013年から現職。

 東日本大震災から8年。未曾有の災害は有事の医療体制に厳しい現実を突きつけた。共に九州大学出身。東北大学で被災した循環器内科学教授の下川宏明氏、福本義弘氏(現:久留米大学心臓・血管内科部門主任教授)は震災で何を得たのか。それぞれ宮城、福岡で活動するいま、何を感じているのか。発生時の状況などを振り返りつつ、未来につながる動きを追った。

東日本大震災で明らかになったこと

 東北大学病院に災害対策本部が設置されたのは、震災発生からおよそ45分後のことだった。院内のすべてのライフラインがストップ。混乱の中、患者や職員の安否確認、被害状況の把握、トリアージポストの設置、DMATによる情報収集など、多岐にわたる対応に追われた。

 1995年に発生した阪神・淡路大震災の死者は約6400人、負傷者4万3800人。東日本大震災の死者は1万5900人、負傷者は6000人超。「二つの大震災で大きく異なる点の一つは、求められる医療が違うこと」と下川氏は言う。

 「前者は被害の大部分が建物の倒壊によるもの。圧挫症候群(クラッシュシンドローム)をはじめとする超急性期医療のニーズが高かった。東日本大震災では津波による大きなケガを免れた方も多かったが、時間の経過とともに、さまざまな慢性疾患が増悪していったのです。慢性疾患がある患者さんに対する長期的な医療支援が求められました」

 下川氏、当時循環器内科学准教授だった福本氏らは、宮城県内にあった12の消防本部の搬送記録を調査。「東日本大震災と循環器疾患の関係」を探った。

 調査研究の対象地域は宮城県全域で、疾患は心不全、ACS(急性冠症候群)、脳卒中、心肺停止、肺炎。2011年2月11日から6月30日にかけての「3月11日前後」と2008年から2010年の過去3年間の同時期とを比較した。五つの疾患は震災後にいずれも明らかな増加が認められた。

「まるで社会が
多臓器不全に陥ったようだった」
(下川 宏明 教授)

 例えば心不全と肺炎の増加は震災後6〜8週ほど持続。脳卒中や心肺停止は震災直後と、2011年4月7日に起こった最大余震(震度6強)で2度のピークを形成するなど、疾患によって増加の経過が異なることも分かった。

 「さらに、脳卒中の種類別に調べると、脳梗塞は増加。脳出血には大きな変化は見られなかった。研究の成果を2012年、ヨーロッパ心臓病学会のホットラインセッションで発表。災害医療の研究において広範囲かつ長期的な調査で被災後に心血管疾患が増加することを明らかにしたのは、本研究が初めてではないかとされています」(下川氏)

 要因として、高齢化が進んでいること、関連して虚血性心不全が増加していること。津波に流されて薬剤が不足し、高血圧や不整脈、血栓症の割合が高まったこと。また、非常に寒冷な環境、塩分が多く含まれる食事なども影響していると考えられている。「加えて睡眠不足、運動不足など、さまざまな要因が被災者に次々と襲いかかったわけです」(下川氏)

 この調査研究で得た知見は日本循環器学会、日本高血圧学会、日本心臓病学会の合同ガイドライン「災害時循環器疾患の予防・管理に関するガイドライン」(2014年)の作成にも生かされた。

支援が行き届かない地域に目を向ける

 震災が起こる前、福本氏は週に一度、外来診療で南三陸町の公立志津川病院(現:南三陸病院)を訪れていた。同院は地震と津波によって全壊。「跡形もなかった」と振り返る。

 「人生観が変わりましたね。2011年以前か、以後か。いつもそれを起点に物事を考えてしまうようになったほど、震災は私にとって大きな出来事でした」

 寸断された道路が開通し、ようやく仮設の公立南三陸診療所での診療が再開したのは2011年4月半ばのことだった。

「九州で起こった災害の支援に
経験が役立った」
(福本 義弘 主任教授)

 「よく知っている先生が来てくれたと、現地の方々はとても喜んでくれました。診療所で可能な限りの医療を提供して、必要があれば東北大学病院で受け入れる。そうして少しずつ平時の雰囲気を取り戻し、段階的に設備面も充実していきました」

 2013年、福本氏は東北大学を離れ、久留米大学教授としてのキャリアを歩むことになった。熊本地震(2016年)、九州北部豪雨(2017年)などで支援活動を展開した際には、東日本大震災で経験したことが役立ったと語る。

 「頻繁に被害状況について報道される場所には人や救援物資などが集中しやすいが、地域によっては支援があまり行き届かない状況になることがあります。そこで久留米大学では、被災地域の関連医療機関と密に連絡を取り合い、支援が不足している地域を把握して医局員を派遣しました。なかなか目が向けられていない人々の支援をどうするか。災害医療の一つの課題だと思います」

 東日本大震災は、南海トラフ大地震や首都直下型地震など、「いつか起こるかもしれない大規模災害の備え、その先にある未来へ多くのメッセージを投げかけた」と下川氏。

 「朝、いつもと変わらず平穏に動いていた信号機は消え、道路は通れない。電気や水道も絶たれた。東日本大震災は、さながら社会が多臓器不全に陥った状態だと感じました。沿岸部を訪れて目にした光景は、これが本当に現実だろうかと、すぐには信じられませんでしたね」

 自然災害が瞬時に日常を奪い去ってしまうことを知った。「それでも」と下川氏は続ける。「人間には再び立ち上がる強さ、人と助け合う誠実さがある。そのことを、震災を通じて学びました」

東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学
仙台市青葉区星陵町1─1 ☎️022─717─7000(代表)
http://www.cardio.med.tohoku.ac.jp/

久留米大学医学部内科学講座 心臓・血管内科部門
福岡県久留米市旭町67 ☎️0942─35─3311(代表)
http://www.kurume-shinzo.com/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる