九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

《福岡県すこやか健康事業団》「がん研究助成金」 受賞者16人に計460万円贈る

 公益財団法人福岡県すこやか健康事業団(松田峻一良理事長)は、このほど、2018年度のがん研究助成金受賞者人を発表、合計460万円を贈呈した。受賞者は、以下の通り。

【優秀賞】 (氏名・所属・研究課題)

(九州大学病院遺伝子細胞療法部)
 CRISPR―Cas9機能的ノックアウトスクリーニング法を用いた、AMLに対するATRA併用新規分化誘導療法の開発

(九州大学医学研究院形態機能病理学教室)
 エピジェネティック破綻により引き起こされたメルケル細胞癌(がん)の解析

(九州大学大学院薬学研究院医薬細胞生化学分野)
 リボソーム因子RPS17の結合を介したGRWDによる発がん機構の解明

【入賞】 (氏名・所属)

▽伊東孝通(九州大学皮膚科)
▽松沢健司(九州大学理学研究院生物科学部門)
▽石兼真(産業医科大学医学部薬理学講座)
▽中野倫孝(独立行政法人国立病院機構九州がんセンター消化管・腫瘍内科)
▽栗原健(九州大学消化器・総合外科)
▽菊竹智恵(九州大学生体防御医学研究所情報生物学研究室)
▽秋山雅人(九州大学大学院医学研究院眼科学分野)
▽小野美咲(中村学園大学栄養科学部・栄養科学科)
▽西憲祐(福岡大学医学部細胞生物学教室・耳鼻咽喉科教室)

【奨励賞】 (氏名・所属)

▽森瞳美(九州大学大学院医学系学府臨床・腫瘍外科教室)
▽浦田真梨子(九州歯科大学分子情報生化学分野)
▽臼井一晃(九州大学大学院薬学研究院薬物分子設計学分野)
▽大坪孝平(九州大学大学院医学研究院胸部疾患研究施設)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる