九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

65歳からの脳を守り健康寿命の延伸を

65歳からの脳を守り健康寿命の延伸を

地方独立行政法人 市立吹田市民病院
北川 一夫 理事長(きたがわ・かずお)
1983年大阪大学医学部卒業。
同大学大学院医学系研究科神経内科学准教授、
東京女子医科大学医学部脳神経内科学教授・基幹分野長などを経て、2024年から現職。

脳卒中の診療と研究、後進育成に長年従事してきた北川一夫氏。大阪府の市立吹田市民病院の理事長就任に際し掲げたテーマは「、65歳からの脳を守る」。目指す病院像と、健康寿命の延伸に向けた取り組みについて聞く。

記事に関する感想・コメントはこちらから

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
メニューを閉じる