九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

30年続く症例検討会 地域連携の「財産」に

30年続く症例検討会 地域連携の「財産」に

独立行政法人 地域医療機能推進機構 金沢病院 村本 弘昭 院長(むらもと・ひろあき)
1980年金沢大学医学部卒業、同第二内科(現:循環器病態内科学)入局。
社会保険鳴和総合病院(現:JCHO金沢病院)、同副院長などを経て、2015年から現職。

 各地で進む地域連携。地域医療機能推進機構(JCHO)金沢病院は、長年にわたりさまざまな工夫を重ねて連携体制を発展させてきた。30年ほど前にスタートした、近隣の医療機関の医師が参加する「症例検討会」の開催も重要な取り組みの一つ。病院内外の関係性を強める会の特徴や、そのメリットなどを聞いた。

―まずは病院の特徴を。

 「地域密着型の病院」を掲げて、1947年に開院した社会保険鳴和総合病院が前身です。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる