九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

【全国縦断】がんサバイバー支援ウォーク|2月下旬~3月中旬は山口、兵庫、大阪、滋賀、愛知、静岡、神奈川

【全国縦断】がんサバイバー支援ウォーク|2月下旬~3月中旬は山口、兵庫、大阪、滋賀、愛知、静岡、神奈川

76歳 日本対がん協会長 理解訴え3500キロの道へ

 国立がんセンター(現:国立がん研究センター)の元総長で、日本対がん協会長の医師、垣添忠生さん( 76)が2月5日、「がんサバイバー(がんを患ったことがある人)」への理解や支援を訴える「全国縦断 」を福岡市の九州がんセンターからスタートさせた。およそ3500kmの道のりの、ほぼすべてを徒歩で移動。全国がんセンター協議会加盟施設全32カ所を巡り、医療者や患者らと意見交換や交流。7月下旬の北海道がんセンター(札幌市)到着を目指す。

top1-1-1.jpg

九州がんセンターを出発した垣添忠生さん=2月5日

top1-1-2.jpg

出発前のがんサバイバーと医療者の交流会=同

 「『』だと診断された人は、どうして自分が、という孤独感や恐怖、不安に襲われる。しかし、彼らに対する理解や支援は不十分。77歳目前の私が、体を賭して訴えたい」

 出発前にこう話した垣添さん。東京大学医学部卒業後、泌尿器科を専攻し、1992年からは国立がんセンター中央病院長、2002年からは同センター総長を務めたがん専門医だ。

 いずれも早期とはいえ、自身も病院長時代に大腸がん、総長時代に腎がんを経験した「サバイバー」。2007年には妻をがんで亡くした遺族でもある。

 日本対がん協会によると、サバイバーは国内に少なくとも700万人。2人に1人ががんになる時代とされるにもかかわらず、就労や生活の支援、心のケアなどはいまだ十分ではないという。

 そこで同協会は2017年6月、支援のための「がんサバイバー・クラブ」事業を開始した。患者が抱く「治りたい」「普通の生活がしたい」という願いに寄り添い、周囲の「支えたい」という思いを実現するための情報提供を目指して、治験・臨床試験の情報や患者会情報などを公式サイトに掲載。社会保険労務士による就労電話相談の実施や交流イベント「」の開催など、さまざまな取り組みをしている。

 今は、サイト内にオンライン上の交流の場「がんサバイバーnet(仮)」を開設する計画が進行中。垣添氏は「ウォーク」を通してシステム構築のための寄付も呼びかける。

支援ウォーク 今後の予定

▽2月20日(火)山口県立総合医療センター
▽28日(水)兵庫県立がんセンター
▽3 月1 日(木)大阪国際がんセンター・大阪医療センター
▽2日(金)滋賀県立総合病院
▽5日(月)名古屋医療センター
▽6日(火)愛知県がんセンター
▽12日(月)静岡県立静岡がんセンター
▽13日(火)神奈川県立がんセンター

 以降のスケジュールなど詳しい情報は、がんサバイバー支援ウォーク特設サイト(https://www.gsclub.jp/walk)から確認を。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる