九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

徳島大学大学院医歯薬学研究部 神経外科学分野 高難度の外科治療を安全に

徳島大学大学院医歯薬学研究部 神経外科学分野 高難度の外科治療を安全に

髙木 康志 教授(たかぎ・やすし)
1991年京都大学医学部卒業。
同附属病院脳神経外科、理化学研究所発生再生医学研究センター研究員、
京都大学大学院医学研究科脳神経外科准教授などを経て、2017年から現職。

 「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係る対策に関する基本法」(脳卒中・循環器病対策基本法)の成立から約2年半。徳島大学大学院医歯薬学研究部脳神経外科学分野は、脳卒中患者の治療や脳動脈静脈奇形、もやもや病などの高難度脳血管病変の外科的治療にも積極的に取り組む。地域を脳血管疾患から守る、同教室の取り組みは。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる