九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

強み生かして 地域医療支える

強み生かして 地域医療支える

香川県立白鳥病院
西角 彰良 院長 (にしかど・あきよし)
1983年徳島大学医学部卒業。同大学医学部第二内科講師、
香川県立白鳥病院副院長などを経て、2021年から現職。
香川大学医学部医学科臨床教授兼任。


 香川県東かがわ市の香川県立白鳥病院で、約四半世紀ぶりに院長が交代した。バトンを受け取った西角彰良氏は、医師不足などの課題を抱えながらも、地域の中核病院として前に進もうとしている。


27年ぶりの交代 強み生かして前へ

  西角氏が内科部長として白鳥病院に赴任したのは2005年。その後、副院長などを経て、2021年4月に前院長(現:名誉院長)の坂東重信氏からバトンを引き継いだ。同院でのトップの交代は、実に27年ぶりのことだ。

 大学時代を含め、坂東氏とは長年一緒に過ごしてきた間柄。院内のスタッフたちも顔なじみがほとんどで、「比較的スムーズに交代することができたと感じています」と語る。

 病院を率いる立場になった今、運営面で考えているのは、これまでに培った強みを生かしながら前に進むこと。中でも心筋梗塞や不整脈などの循環器疾患に対する専門的な治療・診断は大きな特長で、引き続き注力したいと語る。

 東かがわ市の高齢化率は40・1%(2017年度)と高く、1人暮らしの高齢者も増えていることを踏まえ、4月から地域包括ケア病床を増床した。在宅復帰支援や在宅介護支援のレスパイト入院などに一層力を入れる予定で、地域の開業医とも今後連携を深めていく方針という。

 加えて、今後は地域住民や患者に対する健康教室、市民講座なども積極的に開催する予定だ。現在は新型コロナウイルス感染症の影響で中断しているが、以前から生活習慣病などの予防・啓発活動に取り組んできた。これは西角氏の信念である「病気は医師が治すのではなく、患者さん自身が治すもの」を体現する取り組みの一つだという。

 「患者さん自身が病気を治すために、まずは健康や病気のことを十分に理解していただくことが重要です。重症化を防ぎ、入退院を繰り返さないために、貢献したいと思っています」


アマチュア無線で 医師に興味 

 西角氏が医師という職業に興味を持ったのは小学生の頃。アマチュア無線に熱中し、愛好家が集うクラブに入会した。クラブの会長を務めていたのは地元の開業医で、趣味を楽しみながら仕事と両立させている姿に憧れたという。

 大学進学に当たって自分の将来の仕事を考えたとき、「人は貧富の差などに関係なく、生まれるときも亡くなるときも病院の世話になる。医師は人間にとって欠かせない根源的な職業で、携わる価値がある」と明確に医師を志すようになった。

 徳島大学医学部卒業後は、同大学の第二内科へ入局。そこで当時講師だった坂東氏と出会う。循環器疾患を専門にして、坂東氏と1992年に四国で初めて不整脈のカテーテルアブレーション治療を臨床に応用。98年には心臓血管外科と共に四国初となる植え込み型除細動器(ICD)の植え込み手術を行った。


職員の士気向上へ 環境づくり図る

 地域の高齢化や過疎化、院内の医師不足など課題は多いが、それでも西角氏は、「常に前向きな姿勢で病院運営に取り組みたい」と力を込める。

 「現場第一」がモットーで、職員が働きやすい環境をつくり上げることを目標に掲げている。職員のモチベーションが向上すれば院内が活気付き、その結果、患者の満足度も上がると考えているからだ。

 「職員のモチベーションを上げるためには、風通しの良さが重要です。職員全員が院内の課題や、建設的な意見を歓迎する雰囲気を醸成して、忌憚(きたん)なく話し合える組織を目指します」



香川県立白鳥病院
香川県東かがわ市松原963 ☎0879-25-4154(代表)
https://www.pref.kagawa.lg.jp/shirotoribyoin/shirotoribyoin/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる