九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

強み生かして 地域医療支える

強み生かして 地域医療支える

香川県立白鳥病院
西角 彰良 院長 (にしかど・あきよし)
1983年徳島大学医学部卒業。同大学医学部第二内科講師、
香川県立白鳥病院副院長などを経て、2021年から現職。
香川大学医学部医学科臨床教授兼任。


 香川県東かがわ市の香川県立白鳥病院で、約四半世紀ぶりに院長が交代した。バトンを受け取った西角彰良氏は、医師不足などの課題を抱えながらも、地域の中核病院として前に進もうとしている。


27年ぶりの交代 強み生かして前へ

  西角氏が内科部長として白鳥病院に赴任したのは2005年。その後、副院長などを経て、2021年4月に前院長(現:名誉院長)の坂東重信氏からバトンを引き継いだ。同院でのトップの交代は、実に27年ぶりのことだ。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる