九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

認知症特化の病院として 高齢化時代に貢献

認知症特化の病院として 高齢化時代に貢献

医療法人社団祥和会 大川病院
大川 順司 理事長(おおかわ・じゅんじ)
2006年福岡大学医学部卒業。久留米大学医学部神経精神医学講座、
新門司病院、聖マリア病院、大川病院院長などを経て、2019年から現職。


 京築医療圏の精神科領域で主に高齢者の認知症治療を担っている大川病院。3代目理事長として2019年から指揮を執る大川順司氏は、さまざまな改革を進めている。

─病院の沿革と強みを。

 当院は1935年に福岡県豊前市で個人病院として開院し、2020年に85周年を迎えました。私の父である先代理事長が96年に認知症治療病棟を開設して以来、認知症に特化した病院として京築医療圏における精神医療を担っています。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる