九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

歴史を継承 後進育て未来へ

歴史を継承 後進育て未来へ

熊本大学大学院生命科学研究部
産科婦人科学講座

近藤 英治 教授 (こんどう・えいじ)
1998年京都大学医学部卒業。、米デューク大学留学、
京都大学大学院医学研究科助教、同講師、同准教授などを経て、2021年から現職。


 熊本大学の産科婦人科学講座の教授に6月、近藤英治氏が就任した。周産期とがん医療で実績のある講座の伝統を引き継ぎ、県内の医療体制をさらに充実させることを目標に掲げる。


伝統を受け継ぎ ロボ手術も充実

 1896年(明治29年)に開設された歴史ある講座に、第10代教授として名を連ねた。「産婦人科は人の誕生から関わるので、産婦人科を盛り立てることができれば、街も元気になるはず。縁あって来た熊本の産婦人科医療を活気付けたいです」と抱負を語る。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる