九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

より信頼される 病院を目指して

より信頼される 病院を目指して

愛媛大学医学部附属病院
杉山 隆 病院長 (すぎやま・たかし)
1988年関西医科大学医学部卒業。三重大学大学院医学系研究科准教授、
東北大学病院産科長・特命教授などを経て、2021年から現職。
愛媛大学大学院医学系研究科産科婦人科学教授兼任。


 県内唯一の特定機能病院として、高度かつ先進的な医療を提供している愛媛大学医学部附属病院。杉山隆氏は、就任直後から新型コロナへの対応に追われながらも、「さらに愛される愛大病院」を目指し、病院運営に取り組んでいる。


二つの命を守る 周産期に興味を抱く

 医師を目指すきっかけは、小学2年生の頃。開業医だった叔父の家を訪れ、その仕事ぶりに憧れを抱いた。「叔父は岡山県の田舎で開業しており、現在の訪問ケアのような活動もしていました。子どもながらに、人の役に立つ仕事をしていると感じて、次第に自分も『医師になりたい』と思うようになっていました」

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる