九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

新病院で飛躍 横浜の医療リード

新病院で飛躍 横浜の医療リード

横浜市立市民病院
小松 弘一 病院長(こまつ・ひろかず)

1982年慶應義塾大学医学部卒業。
米カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校留学、
国立療養所南横浜病院内科医長、横浜市立市民病院副病院長などを経て、2021年から現職。


2020年に横浜市保土ケ谷区から同市神奈川区に新築移転し、再スタートを切った横浜市立市民病院。病院長の小松弘一氏は、新病院の機能を存分に生かすことで、「横浜のリーディングホスピタル」を目指している。

新病院で機能強化 高度医療提供を

 2020年5月、横浜市立市民病院は、三ツ沢公園の隣接地に移転した。緑豊かで落ち着いた環境の中、34の診療科、650床を備え、職員数約2000人で先進的かつ高度な医療を日々提供している。移転翌年の21年の4月、病院長に就任した小松氏は、この医療体制をより充実させることを自身の使命としている。

 新病院では、特に小児救急医療や周産期医療に力を入れ、ICUやNICUを拡充した。手術室、血管撮影室、分娩(ぶんべん)室なども増室。20年9月には、手術支援ロボットを導入し、ロボット支援下手術は、年間200件を超えるペースで行っているという。「これらの強みをさらに伸ばしていきたいですね」と語る。

 他にも、新病院には多くの特長がある。例えば救急医療の面では、これまで行われてきた24時間365日の受け入れに加え、市消防局の救急ワークステーションを院内に併設した。平日の日中は救急医と救急救命士が常駐し、要請があればドクターカーを出動させる。市消防局と連携することで、より円滑な救急体制を構築している。

 がんの診療では、予防からゲノム医療まで、総合的に充実を図っていく。

最前線のコロナ対応 職員の奮闘に感謝

 横浜市立市民病院は、神奈川県で唯一の第一種感染症指定医療機関で、20年2月に横浜港に入港したダイヤモンド・プリンセス号の患者を受け入れて以降、県内の第一線で新型コロナウイルス感染症の対応に当たってきた。現在は、全室個室化した26床の感染症病棟に加え、一般病棟の一つをコロナ専用として使用している。

 一時期は最大で65人が入院し、多忙を極めたが、例年よりも離職数は少なかったという。職員が自分たちの仕事にプライドを持ってそれぞれの使命を果たそうと奮闘する姿に、日々感謝の気持ちを抱いている。


一丸となり さらなる飛躍を

 慶應義塾大学卒業後、米国留学を経て結核病院で7年間臨床経験を積み、1997年に消化器内科医長として横浜市立市民病院に着任した。現在は、約250人いる医師の中で、5本の指に入る古参になった。四半世紀近くを同院で過ごしてきたが、時がたつにつれて、「横のつながりがより強くなり、『チーム横浜市立市民病院』といった一体感が生まれている」と良い変化を実感している。

 病院長として、「安心とつがなりの拠点へ」という理念の下、職員が一丸となることを目指している。その先には、横浜市を代表する病院になる、という大きな目標がある。

 一丸となるために、若手や中堅職員の意見にも積極的に耳を傾けている。病院長に就任して間もない4月中旬から週2回、朝の20~30分間、若手、中堅職員との意見交換会を始めた。組織を率いる上で、各部門の責任者だけでなく、多くの職員と直に対話することが何より大切だと考えたからだ。

 意見交換会には、医師や看護師だけでなく、理学療法士や栄養士など多職種の職員たちが参加する。電子カルテを活用し、週1回は自身でメッセージを書き込んで、発信するようにもしているという。

 「一丸となって横浜の『リーディングホスピタル』を目指して、今後もより良質な医療を提供しながら市民の皆さんの健康に貢献していきます」と力を込める。



横浜市立市民病院
横浜市神奈川区三ツ沢西町1-1 ☎045-316-4580(代表)
https://yokohama-shiminhosp.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる