九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

回復期増床で 経営安定を実現

回復期増床で 経営安定を実現

一般社団法人福岡県社会保険医療協会 社会保険 仲原病院
大神 吉光 病院長(おおがみ・よしみつ)

1982年九州大学医学部卒業。独ライプチヒ大学、
福岡県立嘉穂病院(現:福岡県済生会飯塚嘉穂病院)、
社会保険仲原病院内科部長、同副院長などを経て、2021年から現職。


社会保険仲原病院は、2021年2月に経常収支を黒字に転換した。同年4月から経営のかじを取る病院長の大神吉光氏に回復の道筋、今後の見通しなどを語ってもらった。

急性期から回復期へ 黒字化を実現

 社会保険仲原病院が所属する福岡県社会保険医療協会は、2020年から、地域経済活性化支援機構(REVIC)などの協調支援を受けている。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる