九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

さまざまな境界超え 「つぶせない病院」に

さまざまな境界超え 「つぶせない病院」に

三豊総合病院
山田 大介 院長(やまだ・だいすけ)

1983年久留米大学医学部卒業、九州大学第二内科入局。
製鉄記念八幡病院循環器内科部長、同病院副病院長などを経て、2021年から現職。


香川県の西端に位置する三豊総合病院は、462床の規模を誇り、香川以外の四国3県からも患者を受け入れている。4月に就任した山田大介院長に、さまざまな「境界線」を超えて目指す病院像について聞いた。

急性期、慢性期 双方のバランス重視

 三豊総合病院は、愛媛、徳島、高知の3県に近いという特殊な地理的環境下にある。設置主体である香川県観音寺市、三豊市の住民の急性期、慢性期をカバーする傍ら、県境をまたいで急性期の患者を受け入れることも多い。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる