九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

業務改善に取り組み より強い組織へ

業務改善に取り組み より強い組織へ

県立広島病院
板本 敏行 院長(いたもと・としゆき)

1983年広島大学医学部卒業。
同附属病院(現:広島大学病院)第2外科、同大学院先進医療開発科学講座外科学准教授、
県立広島病院副院長兼消化器センター長などを経て、2021年4月から現職。


 院内に改善推進部を設置し、患者サービスの向上や医療の質向上に努める県立広島病院。改善推進部の部長を務めてきた板本敏行氏は、院長に就任し、今後どのように病院運営に取り組んでいくのか。

業務改善推進のリーダーとして

 「2015年、県知事からの県内医療機関に対する業務改善の意向を受け、院内に改善推進部を設置しました」。部長を務めた板本敏行氏は、リーダーとして組織の変革に尽力してきた。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる