九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

滋賀医科大学内科学講座 呼吸器内科 人材育成と輩出に尽力 呼吸器医療の充実を

滋賀医科大学内科学講座 呼吸器内科 人材育成と輩出に尽力  呼吸器医療の充実を

滋賀医科大学内科学講座 呼吸器内科
中野 恭幸 教授(なかの・やすたか)
1989年京都大学医学部卒業。
カナダ・ブリティッシュコロンビア大学留学、京都大学医学部附属病院呼吸器内科、
滋賀医科大学内科学講座(循環器・呼吸器)准教授などを経て、2018年から現職。


 教室開設をミッションとして、滋賀医科大学に赴任したのは20年ほど前。呼吸循環器内科から分離独立し、スタートを切ったのは、3年前の6月のことだ。今、目指すことは。

―開設までの経緯を。

 30代、助手という立場で滋賀医科大学に着任した時、呼吸器を専門とする医師は私1人でした。当時、滋賀医大では循環器内科の先生が呼吸器疾患も診ており、病院の当直をすると、救急に来る患者さんに呼吸器疾患の患者さんがほとんどいない状態。それが、次第に肺がん、肺炎の患者さんが増えていきました。一人ひとり真摯(しんし)に診療する。そう決めて、毎日とにかく一生懸命でしたね。

 着任後しばらく時間が経過すると、呼吸器診療に興味を抱いている若手もいることがわかってきました。滋賀医大に呼吸器内科がないので、他大学の呼吸器内科へ進むケースがあったようなのです。

 そこで、着手したのが人材集めです。院内にいる医師の中で呼吸器に興味がある人を少しでもリクルートしようと努力するうち、私を助けてくれる優秀な先生が現れました。当初は京都大学からの派遣があり、その後、若手の入局もあって輪が広がり、15年でようやく講座をスタートさせることができました。循環器の先生方にも非常に助けていただき、今があります。

―現在の体制と取り組みは。

 教室員は十数人。教員は教授1、准教授または講師1、助教3、特任助教1の計6人になりました。臨床で力を入れて取り組んできたのは、私自身の専門でもあるCOPDです。今後は、がん、感染症などその他の分野でも高い専門性を追求することが、強い講座の実現にもつながっていくと思っています。専門性を高めるため、ボリュームセンターなどに国内留学し、力をつけて帰ってきてもらうようにしています。

 得意としている研究の一つは画像解析です。2020年、私は「呼吸機能イメージング研究会」の代表幹事に就任しました。呼吸器内科、放射線科、工学系などさまざまな分野の研究者が一堂に会して、一つのテーマを多角的に論議して深めることができ、当教室の若い医師の参加も増えています。イメージングを通じて先端医療に触れる機会を増やし、新しいテクニックを習得できる教室にすることは、魅力的な運営の方向性の一つになるのではないかと考えています。


―目標を。

 一つ目の目標は、滋賀で1人でも多く呼吸器の医師を育て、県内に派遣することです。滋賀県を見渡すと、滋賀医大の歴史的背景もあって、呼吸器の医師が足りないからです。二つ目の目標は、どういう呼吸器疾患にも対応できる診療体制の確立です。がんであろうが感染症であろうが、標準レベルの治療、最先端の治療ができること。それが講座としての存在意義の一つだと思います。

 私は教授になってから10年で定年を迎えます。もう2年が過ぎました。医師の育成・派遣と標準治療ができる体制の確立は10年で確実に実現したいと思っています。ただ、2020年は、ほとんど何もできなかったというのが本当のところ。呼吸器内科は新型コロナウイルス感染症診療の最前線ですし、私は感染制御部長もやっていますので、個人的にはこの1年間、「コロナ対応しかしていない」という感覚です。あっという間に定年が来て、何もできなかったということにもなりかねないと危機感を抱いています。

 21年4月の新年度のあいさつは、「今年もコロナ診療と並行して、呼吸器内科の仕事にも、もう少し力を注いでいきたい」と教室員に述べました。私たちがどのように考え行動したかが、教室の未来に影響を与えます。若い先生が集い、協力し、活気ある場となることに力を尽くしていきたいと思います。

滋賀医科大学内科学講座 呼吸器内科
大津市瀬田月輪町
☎077―548―2111(代表)
http://www.shiga-med.ac.jp/~hqresp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる