九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

統合で医系総合大学に 次の50年へ新たな一歩

統合で医系総合大学に 次の50年へ新たな一歩

学校法人兵庫医科大学
理事長(たしろ・ちから)
1972年大阪大学医学部卒業。米ユタ大学、
大阪大学医学部麻酔学教室、兵庫医科大学麻酔科教授、
同大学病院長などを経て、2018年から現職。


 2022年に開学50周年を迎える兵庫医科大学。22年4月に同一法人が運営する兵庫医療大学との統合が予定(文部科学省への認可申請中。状況に応じて変更の場合あり)されているほか、50周年記念事業として新病院棟の建設、・梅田でのクリニック開設などが控えている。太城力良理事長は「医系総合大学としてさらなる飛躍を目指したい」と語る。

―統合を目指した背景は。

 2007年、神戸市中央区に、薬学部、看護学部、リハビリテーション学部の3学部を擁する兵庫医療大学を開設しました。当時、兵庫医科大学にこの3学部を新設する案もありましたが、3学部を担当する教員からは「自分たちの主体性を生かしたい」という希望が強く、2大学体制とすることにしました。

 兵庫医療大学の開設から10年以上が経過し、両大学のさらなる教育・研究体制の充実、法人運営の強化などを目的に、兵庫医療大学の3学部と3研究科を兵庫医科大学の学部、研究科とすることを決めました。

 両大学は兵庫医療大学の開設当初から、連携してチーム医療についての演習を行うなどボーダレスな教育を進めていて、教職員同士の協力体制や信頼関係が強固になっていました。統合への気運も高まり、多くの教職員が統合に賛成してくれました。

―統合のメリットや展望について。

 第一に、教職員の行き来が活発になって教育・研究体制が充実することが挙げられます。例えば、看護学部の教員が付属病院で働くことで、最新の医療を知ることができます。また、逆に付属病院の看護師が教育や研究を体験することで、得た知識を現場に還元することも期待しています。

 医学部の教員が教育・研究・診療に従事してきたように、看護、薬学、リハビリの教員、あるいは病院の医療従事者が互いの業務への理解を深めることも目指しています。

 これまでそれぞれの大学で行っていた教養科目の講義を一括することができるなど、経営面での利点も大きく、効率性を高めることにもつながります。

 兵庫医療大学の3学部にとっては、医科大学の学部になることで認知度が向上することもメリットの一つです。医系総合大学として、各学部の強みを生かしてチーム医療の教育を充実させ、さらに躍進できればと考えています。

―新病院棟や新クリニックの計画について。

 新病院棟の建設計画が進行中で、21年度中に実施設計に着手します。病院全体の963床のうち大半を占める842床が入る15階建てで、26年度に供用を開始する予定です。

 また、22年秋には、・梅田に建設中の複合ビル「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」内に「梅田健康医学クリニック」を開設します。1万人規模が働く環境で、人間ドックや企業健診のほか、一部の外来診療も行います。財政基盤の一助とするとともに、働く人の予防医療や患者さんの就労支援に取り組みます。付属病院の職員をローテーションで配置し、接遇教育の場としても活用できたらと考えています。

 私は教職員向けの「兵庫医大みらい塾」という勉強会を主宰しています。毎回20人程度を集めて医療経済や病院経営に関することを話していますが、最近は参加希望者が増えてきました。これまで研究や診療に専念していた教職員たちが、組織の将来に目を向けて、経営を学びたいという熱意を持ってくれたことはうれしい限りです。

 50周年はあくまで通過点。これまでの50年を助走と捉え、次の50年に向かって飛躍できる機会にしたい。大学は、世の中が進歩していくための原動力となる場。その価値を高めるため、今後も強い意志を持って変革を進めていきます。

学校法人兵庫医科大学
兵庫県西宮市武庫川町1―1
☎0798―45―6111(代表)
https://www.corp.hyo-med.ac.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる