九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

進化する血液がん治療 臨床試験に参画し発展に寄与

進化する血液がん治療 臨床試験に参画し発展に寄与

福井大学医学部 病態制御医学講座内科学(1) 血液・腫瘍内科
山内 高弘 教授(やまうち・たかひろ)
1989年福井医科大学(現:)医学部卒業。
福井総合病院内科医長、米MDアンダーソンがんセンター留学、
福井大学医学部附属病院血液・腫瘍内科講師などを経て、2015年から現職。


 血液がんの内科的治療は、分子標的薬やがんゲノム医療の登場で大きな変革の時を迎えている。白血病をはじめとした血液がん治療の最前線と今後の展望、教室の取り組みについて、山内高弘教授に聞いた。

―教室の取り組みについて。

 当教室が研究の核に据えている白血病は、骨髄移植を除けば、基本的には最初から最後まで薬で戦わなければならないがんです。白血病はがん細胞が造血の場である骨髄で増殖し、さらに血液中に流れ出て全身に回るので、手術や放射線といった特定の場所だけを狙う治療では効果が薄く、抗がん薬で全身に効果を発揮させる必要があります。当教室初代教授の中村徹先生と2代目教授の上田孝典先生は、ともに抗がん薬の研究に尽力されてきました。

 がん細胞はとても「したたか」で、すぐに薬剤耐性を獲得して、治療に効果が出なくなってしまいます。当教室ではがん細胞を用いて、薬剤耐性のメカニズムと耐性克服法について長年研究してきました。

 私が教室を受け継いだ時期からは、伝統的な抗がん薬だけでなく、治療薬の主流になり始めた分子標的薬や抗体医薬について幅広く基礎的な研究を行っています。基礎研究や治験の段階から当教室が携わっていた薬剤「ベネトクラクス」について、2021年3月に急性骨髄性白血病への適応拡大が承認されました。

―血液がん治療の現状は。

 保険診療範囲内の治療で効果が不十分な患者さんにとって、治験薬の使用は重要な選択肢の一つになり得ます。使用する化合物の半数ほどは既に米国で承認されている薬剤で、臨床試験や治験は「近未来の医療」といっても良いのではないかと思っています。

 血液がん領域の分子標的薬は、慢性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病に対するBCR─ABL阻害薬、急性骨髄性白血病のFLT3阻害薬などがあり、分子標的薬に加え、伝統的な抗がん薬などを組み合わせて戦うのが現在の主流。

 がん細胞の遺伝子異常を網羅的に分析して各患者さんに応じた分子標的薬を使用するがんゲノム医療も始まりました。白血病は保険適用外ですが、他大学や医療機関との臨床試験に参加しています。

 当教室では、血液がんなどに対して、ガイドラインを全てなぞるような治療ではなく、新しい治療の開発を目指し、特定非営利活動法人成人白血病治療共同研究機構(JALSG)など複数の組織に所属して多施設共同の臨床研究を約30件行っています。

 私が委員長を務める研究が1件、副委員長が1件、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)山内班とのタイアップが1件などです。一つの施設が独自に治療をしても、日本全体の治療成績を大幅に改善するのは難しく、多数の施設が共同で臨床試験をしてこそ、治療の進歩が得られるものだと考えています。

―今後は。

 他施設の先生方と共に臨床試験で新しい治療を検討してエビデンスを創出することと、治験に参画して新薬の国内承認のお手伝いをすることで、日本の血液がん診療の発展に貢献できたらと思います。オールジャパンの体制で臨床研究を進め、基礎の分野を担うのは個々の教室。教室が特色を生かして研究し、臨床研究に反映されるのが理想です。

 当教室では現在、アポトーシス(細胞死)に関連した薬剤耐性の克服と免疫療法の研究をしていて、培養したがん細胞だけでなく、患者さんのがん細胞でも行って治療への還元を目指しています。このほか、副作用への対策として、抗がん薬投与でしばしば問題となる腫瘍崩壊症候群(TLS)や嘔吐(おうと)を抑制する制吐療法などについての研究にも取り組んでいます。

福井大学医学部 病態制御医学講座内科学(1)血液・腫瘍内科
福井県永平寺町松岡下合月23―3
☎0776―61―3111(代表)
http://www.med.u-fukui.ac.jp/NAIKA1/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる