九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

今月の1冊 – 87.ブラック・ジャック

今月の1冊 – 87.ブラック・ジャック

book.jpg

手塚 治虫
秋田書店 ほか

 2月9日、手塚治虫が亡くなってから30年が経つ。「最後の作品」と言われる未完の「ネオ・ファウスト」は実家の本棚に眠っていて、たぶん数年に一度くらい、読み返している。そして、やっぱり続きが気になってしまう。

 「ブラック・ジャック」について思い出すとき、代名詞である「天才的なオペ」の場面よりも、「ブラック・ジャック=間黒男(はざまくろお)」が悩んだり、怒ったり、ピノコがつくった黒こげの朝食を必死の形相でのどに押し込んだり、手術を終えた後にソファで「ガーガー」といびきをかいて眠ったり。人間くさいひとコマばかりが記憶に残っている。

 医学的な描写がどの程度正確なのか、残念ながらわからない。架空の病気も登場するし、怪談やファンタジー風味のエピソードもある。

 どんな話であってもブラック・ジャックが「そこにいる」かのような強烈な存在感が薄れることはなく、手塚作品に特有の、絵のうまさを超えたリアルに引きつけられる。医師たちはどんな視点でこの作品に接しているのだろうか。

 ブラック・ジャックがけっこうモテる、という事実はひそかにうらやましい。好意を抱く女性がときどき出現するし、逆にブラック・ジャックからアプローチすることもある。恋愛経験の豊富さゆえか、婚活サービスのイメージキャラクターにも起用された(お相手役はまさかのドロンジョさま!)。

 いつの日か、ピノコと幸せに。ファンの共通の願いだろう。

 「ピノコ生きてる」のラスト、夢の中で八頭身になったピノコはブラック・ジャックに愛を告げる。私の「泣けるBJ」ベスト5に入るワンシーンだ。(瀬川)


ブラック・ジャック

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる