九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

魚鱗癬の病態解明で治療法確立目指す

魚鱗癬の病態解明で治療法確立目指す

筑波大学医学医療系皮膚科
乃村 俊史 教授(のむら・としふみ)

2002年北海道大学医学部卒業。
英ダンディー大学研究員、北海道大学病院皮膚科講師などを経て、2020年から現職。

 2020年11月、筑波大学医学医療系皮膚科の教授に就任した乃村俊史氏。43歳の新たなリーダーは、角化症の一種で難病の「先天性魚鱗癬(ぎょりんせん)」など遺伝性皮膚疾患の治療法確立を目指し、研究室を率いていく。

「皮膚科はロマン」恩師の言葉で皮膚科医に

 恩師との出会いが、皮膚科医を志すきっかけになった。医学部に入った時は、外科や内科医に憧れる大半の同級生たちと同様、皮膚科への関心は薄かった。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる