九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

院内感染の教訓胸に職員全員で一致団結

院内感染の教訓胸に職員全員で一致団結

東海大学医学部付属病院
渡辺 雅彦 病院長(わたなべ・まさひこ)

1987年慶應義塾大学医学部卒業。
米コネチカット大学留学、東海大学医学部付属病院副院長などを経て、
2019年から現職。同大学医学部外科学系整形外科学主任教授兼任。

 東海大学医学部付属病院は、新型コロナウイルス感染症の流行初期段階から対応を始め、2021年2月上旬までに累計約120人の中等・重症患者を受け入れてきた。陣頭指揮を執る渡辺雅彦・病院長に、これまでの取り組みや展望を語ってもらった。

―これまでの対応は。

 2020年2月に横浜港に入港したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で集団感染が判明した際、DMATを派遣するのと同時に、患者さんを数人受け入れました。その後、国内の感染者数が増加し始めた3月下旬、大磯、八王子、東京(渋谷区)の各付属病院と共に合同対策本部を設置。それぞれの病院にも調整本部を設け、状況に応じて対策を協議してきました。現在も月1回、私や各病院の調整本部長、看護部長ら約70人が参加する会議を開き、付属病院全体で情報共有に努めています。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる