九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

重粒子線がん治療の有用性を発信していく

重粒子線がん治療の有用性を発信していく

佐賀国際重粒子線がん治療財団 
中川原 章 理事長(なかがわら・あきら)

1972年九州大学医学部卒業。米ロックフェラー大学留学、千葉県がんセンター長、
佐賀県医療センター好生館理事長などを経て2015年から現職。
2018年から九州国際重粒子線がん治療センター長兼任。医学博士。

 佐賀国際重粒子線がん治療財団が運営するサガハイマット(九州国際重粒子線がん治療センター)では、2018年度の公的医療保険の適用拡大により患者数が1・5倍に増えた。一方で、一人当たりの治療費収入は減少している。この「想定外」に対し新たな中期事業計画を策定、3年後の経営収支の黒字転換を目指している。

—サガハイマットの強みとは。

 まずは地の利が第一といえます。高速道路、鉄道網ともクロスロードは鳥栖市。九州新幹線の新鳥栖駅から徒歩3分と交通の利便性の
良さは強みといえます。

 二つ目は、九州全域の大学病院や基幹病院、各県医師会と深い信頼に基づいた医療連携協定を結んでいること。、佐賀大学、久留米大学、福岡大学の各大学に重粒子線相談窓口が設けられています。

 三つ目は優秀な人材がそろっていること。医師は各大学から選抜いただき、診療放射線技師や医学物理士、看護師も経験豊富な職員を配置しています。

 施設名に「国際」を掲げているのは、先進医療の国際化も目標としているからです。実際には、相談などを受けても手遅れの例が多くあり、海外からの患者受け入れには、難題も多いと感じています。そこで海外の大学や医療機関と医療協定を締結。2019年9月現在の主な協定先に、チョーライ病院(ベトナム)、チュラロンコン大学医学部(タイ)、大連医科大学附属大連市中心病院(中国)、台北栄民総医院(台湾)があります。

—治療対象の疾患と患者数の推移を教えてください。 

 重粒子線がん治療の対象は固形のがんです。前立腺、肺、すい臓、肝臓などの治療を行っています。

 サガハイマットが治療のモデルとしている量子科学技術研究開発機構のQST病院は、すでに約20種類のがんを対象にしています。サガハイマットでも増やしていきたいと考えています。

 2013年開設以来の治療患者数は3994人(8月末現在)。2018年度は958人と前期比1・5倍、過去最多を記録。公的医療保険の適用範囲が前立腺がんと頭頸部がん(一部)に拡大されたのが大きな要因です。

 公的医療保険の適用は、「国が公認した信頼できる治療」を意味します。これは患者さんと運営側双方に追い風となりました。ただ、患者数が激増した半面、患者の約6割を占めていた前立腺がんが公的保険適用となり、診療報酬が先進医療費の約5割となったことから一人当たりの治療費が大幅な減少となりました。これは想定外の逆風でした。

 国内初の民間施設ですから、収支としては直接的に影響を受けてしまいます。引き続き、安全・安心な医療を提供していくため、「全治療が保険適用になったらどうなるか」を15年先までシミュレーションを行い、今後4年間の中期事業計画を策定しました。このような状況下ではありますが、昨年度の最終収支は黒字を確保。現在も計画をやや上回って推移しており、まずは3年後の経営収支の黒字転換を目指しています。

—今後の展望を。

 国の放射線治療促進政策もあり、重粒子線治療装置よりも初期投資が少ない陽子線治療装置や高精度放射線治療装置を導入する施設が増えつつあります。

 現在の診療報酬点数は、重粒子線治療、高精度放射線治療、陽子線治療とも同一。ただ、差別化されなかった要因は、まだまだ重粒子線治療のデータが少なく、有用性や評価が十分できなかったからと考えています。

 2017年から全国六つの重粒子線治療施設が臨床試験プロトコル(実施計画)に則った共同試験を開始。重粒子線治療の有用性に対する世界の関心も高くなっています。日本で開発、発展した重粒子線治療が世界に広がり、誰もが高度ながん治療を受けられるようになることを期待しています。

佐賀国際重粒子線がん治療財団 九州国際重粒子線がん治療センター
佐賀県鳥栖市原古賀町3049
☎0942—50—8812(地域連携室)
https://www.saga-himat.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる