九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

軸は高度急性期医療 役割の明確化を促進

軸は高度急性期医療 役割の明確化を促進

独立行政法人国立病院機構 高崎総合医療センター
石原 弘 院長(いしはら・ひろし)

1982年群馬大学医学部卒業。
同附属病院、日高病院、前橋赤十字病院消化器科部長、しらかわ診療所院長、
高崎総合医療センター統括診療部長などを経て、2012年から現職。

 高度急性期医療の徹底した推進、2020年3月の新棟オープンに伴う増床。医療圏での立ち位置の明確化を図ることで、連携体制のさらなる構築を目指す。この積極的な動きが、どのような課題の解決につながるのか。石原弘院長の視点にフォーカスした。

─医療圏について教えてください。

 群馬県は10の2次医療圏に分かれており、当院が位置するのは最も人口が多い高崎・安中医療圏。40数万人が暮らしています。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる