九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

転換期の「正直な」病院医療と職員のやりがいとは

転換期の「正直な」病院医療と職員のやりがいとは

独立行政法人 労働者健康安全機構 東北ろうさい病院 徳村 弘実 院長(とくむら・ひろみ)
1978年東北大学医学部卒業。
同第一外科(現:総合外科)、町立大河原病院(現:みやぎ県南中核病院)外科医長、
東北ろうさい病院副院長などを経て、2018年から現職。

 急性期病院の役割は、これからどう変化していくのか。医療資源が集中する仙台市において、東北ろうさい病院は「正直な医療」をキーワードに掲げる。この言葉に込めた、徳村弘実院長の思いとは。

―病院を取り巻く状況をどう見ていますか。

 仙台を含む国内の一部の地域は、急性期病床が過剰との指摘があります。やはり超高齢社会を迎えたことで、急性期医療のあり方は岐路を迎えている。これまでどおりの方向性を維持していくことは難しく、思考の転換を迫られていることを感じています。

 変化に直面している私たちには、いったい何ができるのか。制度面などの先を読んで行動するのはなかなか難しいとしても、考えるのは、「正直な医療」を実践していくことが求められていくのではないかということです。

 例えば、「この疾患だったら東北ろうさい病院で手術を受けた方がよい」などと紹介されて、さまざまな地域から患者さんがお越しになります。患者さんにとってベストな選択肢であると提示されたわけです。

 私たちとしても、「今の自分たちが患者さんにできること」の中に「このような治療を行っている大学病院がある」「この医療機関ではこんな機器がある」といったできる限りの情報を正直に伝えて、患者さんに選んでもらうことが大切だと考えています。

 それが患者さんの信頼の獲得につながるのではないかと思います。提案した結果、他の医療機関での治療を望まれるのであれば、自分たちにできないことを認識して、もっとレベルを上げられるように努力を重ねていけばいい。

 高度医療の進歩に終わりはありませんから、そこに理想の病院のかたちを求めてもきりがないことも事実だと思います。職員一人一人が技術を磨き、それぞれが果たすべき役割を確立する。まだまだイメージとして描いている段階ですが、真心のある「手づくりの病院」を今後の基本としていきたいと思っています。

―自分の力を高めていくには何が大切でしょうか。

 私自身は外科医として内視鏡手術を専門としてきました。1990年代に革命的とも言われたこの手法が普及していく中で、しだいに診療報酬制度などの変化や、手術室の運用、外科・内科といった診療科の関わりなどに目を向けるようになりました。こうした視点は、院長を務める現在でも一つのベースになっている気がします。

 ドクターについては自分の専門性や得意な手技といった「型」を磨き上げてほしいと思います。実際、東北ろうさい病院に勤務していたドクターの中には、ここで自信を深めて、さらに活躍の場を広げている方もいます。医師に限らず、看護師も、どのような職種の人も、当院で働くことが人生をいい方向に導くきっかけとなる。全職員が輝きとやりがいを感じられる病院でありたいと思います。

―今後は。

 地域内の、あらゆる医療、介護、福祉施設などと360度の関係性を構築する。私たちが「オムニ(バス)連携」と呼ぶ活動に力を入れています。

 患者さんにいい人生を歩んでもらうためには、それぞれの機関と一直線で結ばれた連携では不十分ではないかと思うのです。個々との往復だけでなく、柔軟にあらゆる可能性を模索するために、切れ目のない連携のあり方を探っているところです。

 また、東北大学病院をはじめ他の高度急性期病院の救命救急センターと当院の救急科では、例えばサブアキュートの患者さんの受け入れにおいて協力体制を整えるなど、相互の機能を生かした取り組みを進めています。「自分たちの役割はここまで」と可能性を狭めることなく、風通しの良い関係を地域で築いていきたいですね。

独立行政法人 労働者健康安全機構 東北ろうさい病院
仙台市青葉区台原4─3─21
☎022─275─1111(代表)
https://www.tohokuh.johas.go.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる