九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

茨城県立医療大学付属病院 病院長 岩﨑 信明

茨城県立医療大学付属病院 病院長 岩﨑  信明

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。改元を経て本格的な令和の時代となる新しい年の幕開けに際しましてごあいさつ申し上げます。

 本院は看護、理学療法、作業療法、放射線技術の各学科からなる単一学部で構成される医療系大学・大学院に付属する大学病院です。回復期リハビリテーション病棟や小児専門病棟を有するリハビリテーション専門病院として、小規模ながらも診療を通じて多くの県民の方々の健康の回復、維持、増進に取り組んでおります。

 さて、医療におきましては、疾患治療を主体とする急性期医療とともに、在宅医療につなげるための回復期や維持期、在宅医療の重要性が指摘されております。特に高齢化が進む中では急務の課題です。地域医療構想や地域包括ケアシステムなど医療・福祉制度の導入によって、時代に合わせた新たな枠組みの構築が進められております。制度を生かすには、それを担う現場における優れた人材が必要で、急性期以降の医療や福祉に高い関心を持つ医療職の養成が重要な課題と思います。

 本院は医療職養成を行う大学の付属病院でありながら、急性期医療ではない回復期医療に取り組んでいるという利点を最大限に生かし、急性期以降も視野に入れた優れた人材を育てるために、医療専門職を目指す学生実習や医療職の卒後臨床研修のための臨床フィールドの提供を目指しております。

 また、働き方改革に伴う医師の処遇についても次第に枠組みが明らかとなってきております。医師以外の職種へのタスク・シフティングやタスク・シェアリングが示されており、それを担える人材の育成も急務です。

 これまで、わが国は教育において幅広い裾野を有する多数の優れた人材を効率的に養成することに長けていたことで、世界的にも優れた医療制度を構築することができたのかもしれません。今後とも充実した医療制度を維持していくためには、それを担う人材育成にも目を向けていくことが重要と感じます。

 また、近年の医療技術の発展には目を見張るものがあり、それらを臨床現場に導入していくことが患者さんへの大きなメリットとなります。医療系の大学教員と大学院生という多数の優れた人材を有している利点を生かし、リハビリテーション関連機器を含めた医療関連機器の開発や導入に対しても積極的に取り組んでいこうと考えております。

 本年もよりよい医療を提供できるように、そして、教職員一同にとっても充実した取り組みと感じられますよう本院を発展させていく所存でございます。そして、新しい年が皆さまにおきましても幸多き年でありますことを祈念して、新年のごあいさつとさせていただきます。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram has returned invalid data.

コメントはこちらから

メニューを閉じる