九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

“自分の声でいつまでも”声帯再生の道を拓く

“自分の声でいつまでも”声帯再生の道を拓く

大学院医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学
教授(ひらの・しげる)

1990年京都大学医学部卒業。
米ウィスコンシン大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科研究員、京都医療センター気管食道科医長、
京都大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科准教授などを経て、2016年から現職。

 喉頭科学と頭頸部腫瘍学を専門とする平野滋教授。特に、発声や嚥下(えんげ)を担う喉頭の声門部である声帯の再生医療について長らく研究してきた。テノールの歌い手としての顔も持つ「声」のスペシャリストに話を聞いた。

声帯の再生医療について。

 声帯は楽器の弦のようなもの。声帯粘膜が伸び縮みし、振動することで声が出ます。声帯ポリープなど多くの病気には治療法がある一方、声帯劣化に対しては治療のめどが立っていませんでした。劣化とは、使い過ぎによる外傷(声帯瘢痕)や、加齢で起こる萎縮ですね。弦のように取り換えのきかない声帯は再生するしかない、これが最終結論です。

 声帯は、耳鼻咽喉科の中でも特に再生医療が進んでいる領域でしょう。声帯は皮膚と一緒で、外傷や加齢でヒアルロン酸が減少すると硬く萎縮してしまいます。これを治すカギが、グロースファクターと呼ばれる細胞増殖因子。中でも有用なのは、塩基性線維芽細胞増殖因子と肝細胞増殖因子の二つです。声帯に直接投与すると細胞が刺激されてヒアルロン酸が産生され、声帯粘膜にボリュームが出て軟らかくなるのです。

 塩基性線維芽細胞増殖因子には「フィブラスト」という国産の薬があります。皮膚再生に20年以上使われている薬ですが、保険がきかないのがネック。効果が高く出る人と出にくい人がいる現状もあります。

 より強力な作用があり、かつ保険適用のめどがあるのが肝細胞増殖因子。治験では、18人のうち半分で十分な効果が得られました。現在は、第3層試験に向けて準備中。最短で、2020年の夏か秋に開始できる予定です。

 研究を始めてから18年。ここまで紆余(うよ)曲折がありましたが、ようやく再始動できたところです。今後に期待したいですね。

喉頭で進行中の再生医療研究は他にもあるそうです。

 一つは、声帯まひ。主には反回神経まひですが、声帯のハリが失われて半開きとなり、ひどいかすれ声になります。手術ではハリが戻らないので、声帯の筋肉を再生する方法を模索してきました。結果、動物実験で効果が確認でき、ヒトにも応用可能な段階にきています。使うのが保険のきかない塩基性線維芽細胞増殖因子なので、展開を思案中です。

 もう一つは、喉頭全摘後の再生医療です。対象は喉頭がん患者。拒絶反応を起こさないよう細胞を抜いた喉頭を移植し、再生を目指します。まだ実験段階で先は長いですが、免疫抑制剤のいらない喉頭移植が可能になるかもしれません。

 先制医療として、抗酸化治療にも取り組んでいます。声帯劣化の原因は外傷か加齢ですが、どちらの原因も活性酸素による組織障害。よく効く抗酸化剤がありますので、音声外来の患者さんにはお勧めしています。

医療の現状や方向性、若手育成について。

 多いのは、がん患者さんです。この科は機能温存治療がテーマ。手術、化学療法、陽子線を含む放射線治療はもちろんのこと、3~4年前からは集学的治療が難しい高齢患者さんに対する「導入化学療法」も積極的に行っています。

 人が人として生きるのに必要な機能が集まっているのがわれわれの領域です。個別化医療が求められる科の一つですし、若手にもここを理解してほしい。型にはめるのではなく、全人的な視点を持つ医師を育てるのが目標です。

 そして独創性ですね。これまでできなかったこと、例えば新規の化学療法や手術を含め、機能温存という視点で捉えるといろんなアイデアが湧いてくるものです。自分の着眼点、やり方を大事にしてほしい。そして工夫できたときの喜びをモチベーションに、一歩ずつ成長してほしいですね。

京都府立医科大学 大学院医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学
京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
☎075-251-5111(代表)
http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/ent/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる