九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

職員同士の つながり強化 一丸となって改革を推進

職員同士の つながり強化 一丸となって改革を推進

 
金崎 章 病院長(かねざき・あきら)

1981年藤田保健衛生大学(現:藤田医科大学)医学部卒業。
1987年東京慈恵会医科大学大学院修了。東京慈恵会医科大学第三病院などを経て、
1988年町田市民病院。2019年から現職。

 町田市民病院は町田市唯一の公的病院。1958年に開設し、地域の中核病院として2次救急医療、周産期医療などを担う。2018年には東京都による「地域医療支援病院」に指定。効率的な医療提供体制に貢献している。金崎章新病院長は「さらなる地域の信頼を得たい」と語る。

人と人の関わりを重視 同じ目線で対話したい

 金崎病院長が町田市民病院に勤務しはじめたのは1988年。2009年からは副院長として病院を支えてきた。30年のうちに病院の規模も機能も拡大。病床数は倍増した。

 歴史を見てきただけに「就任時は責任の重さから不安を感じた」が、同時に「やらなければ」と決心できたと明かす。そして今、副院長時代から考えていた「病棟再編」と「横連携の強化」に取り組んでいる。

 「医療情勢が激変する中で生き残っていくには、医師だけでなく看護師、事務職員など病院スタッフが一丸となる必要がある」

 例えば、入退院支援の専門チームを設置。患者一人一人の身体的、社会的、精神的不安に対応できるようになった。「まだまだ道半ばですが、職員同士がつながっているという手応えがある」と金崎病院長。

 医師として大切にしてきたのは、患者と積極的に接すること。原点は「医師となって現場に出て『生き死に』に向き合った」ことにあるという。

 「回復して退院する患者さん、残念ながら亡くなる患者さん─。一時期はそうした現実を見るのがつらくなってしまうこともありました。そんな中で、自分は患者とどう関わっていくことができるのか。そう考えるようになりました」

 病院長となった今も、病床ではできるだけ患者の目線に近付こうと、いすに腰掛けて対話する。

 「人と病気ではなく、人と人が接している感覚をお互いに持ちたいと思っているのです」

これからの在宅医療をどう支えていくか

 患者の在宅医療に対する要望に応えようと、地域の医療機関との連携体制の強化にも努めている。ただ、厳しい現実に直面していることも理解している。

 「現状の町田市の高齢化率は多摩地域の平均程度。ただ、増加傾向にあることを実感しています。在宅医療は、ご家族や近しい人のサポートがなければ継続していくことは難しい。また、老老介護なども問題化している。患者さんとご家族、それぞれの意思を尊重した医療を展開していくためには、さまざまな形での地域連携が求められます」

 そして、がん患者の緩和ケアにも力を入れる。看取(みと)りではなく「緩和ケア病棟から退院する」ことを大切にする。

 「チーム医療で患者さんとご家族の心と体のつらさを和らげていくことで、できる限り自分らしい時間を過ごしていただけるよう、支援に努めています」

市民の「信頼」を得られる病院へ

 町田市民病院は「地域から必要とされ、信頼、満足される病院」を基本理念として掲げる。

 「この理念を実現するためには、地域における役割分担を認識し、その機能を担っていくことが重要。医療レベルをさらに高めていきたい。例えば当院の34の診療科において、もっと横のつながりをつくる。コンパクトで効果的な医療を提供できる体制を目指します。患者さんも働く人も、自分たちの病院なんだと安心できる場所にしたい」

 何でも経験してほしい、自ら学ぶことを大切にしてほしい。若手医師には、自身も心がけてきた姿勢を伝えている。「誰かから与えられるのを待っているだけではチャンスを逃してしまう。行動してこそ進歩があり、好機にも巡り会えるのだと思っています」

町田市民病院
東京都町田市旭町2─15─41 ☎042─722─2230(代表)
http://machida-city-hospital-tokyo.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram has returned invalid data.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
Close Menu