九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

群馬大学大学院医学系研究科 総合外科学講座 肝胆膵外科学分野 安全、透明性、人材育成、終わりなき改革を

群馬大学大学院医学系研究科  総合外科学講座 肝胆膵外科学分野 安全、透明性、人材育成、終わりなき改革を

教授(しらべ・けん)
1986年九州大学医学部卒業。米ミネソタ大学研究員、麻生飯塚病院、
九州大学大学院消化器・総合外科准教授などを経て、2015年から現職。

 群馬大学総合外科学講座肝胆膵外科学分野は、大学病院での医療事故を受けた改革で2015年に誕生。講座を率いる調憲教授は、苦い過去を踏まえ、より良い医局づくりへの取り組みを進め、手術件数が著増するなど、関東屈指の肝胆膵外科となるべく努力を続けている。

―成り立ちと特徴は。

 2014年に明らかになった群馬大学医学部附属病院での医療事故問題を受け、当時の第一外科、第二外科を統合してできた講座の中の一分野です。以前はそれぞれが同じような医療チームを持ち、少人数で診療していました。その弊害を取り除くため、大講座制に移行。2015年11月に肝胆膵外科学分野が誕生した際、私も着任したのです。

 消化器の腹腔鏡手術で起きた医療事故で、群大病院の肝胆膵外科の信用は大きく損なわれました。それを取り戻すため、「安全な手術をする」という基本に立ち返ったのです。手術の適応判断、手術、術後の管理など、患者にとって良い治療を継続するため、全スタッフの意識改革を行いました。

 同時に、講座を担う人材の育成、つまり、技量の高い医師を育てるシステムを再構築。インシデント報告も含め、すべての情報を自らオープンにする「透明性の高い医療」も徹底しました。

 日本肝胆膵外科学会が認める高難度手術の件数は、事故直後の2015年は32件に落ち込みましたが、2019年には著増。医療事故で取り消された日本肝胆膵外科学会の修練施設認定は2017年に再認定、翌年には群馬県内初の高度技能専門医も生まれました。改革が徐々に実を結び始めたところです。

―群馬県の外科医の現状は。

 県内の医師全体は少しずつ増えている一方で、外科医は減っています。さらに、外科医の58%が50歳以上。高齢化が進んでいます。

 若い外科医を増やす取り組みの一つが、私が代表を務めるNPO法人「群馬大学総合外科学講座開講記念会」の教育・研究支援です。講座新設に合わせて設立され、質の高い講習会や研修の機会づくりへの資金援助などをしています。

 また、関連病院の医師が講師となって、医学生や研修医に糸結びや縫合など手術の基本を教える講習会も実施しています。

 2019年4月には、献体を使って手術技術を学ぶ研修センターを大学構内に新設。私はセンター長として他の外科医たちと若手の指導に当たっています。県内の外科医が「オール群馬」体制で取り組み、人材を集め、育てていきたいと思います。

―外科医の魅力は。

 外科医ほど、やりがいのある仕事はないと感じます。患者さんの人生に深く関わり、感謝され、生涯にわたって記憶に残してもらえる存在になり得る職業。もちろん、安全で良い手術と誠実なコミュニケーションができるという条件付きです。

 常に医療技術の進歩の最前線にいられることも、魅力の一つです。例えば、新たな抗がん剤の開発によって、それまでは手術の適応にならなかったケースも、術前の抗がん剤治療で手術可能になることが増えていく。内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ」のような画期的な機器を習得するなどして、常に自分の医療レベルを高められます。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、「地方の時代」が来ると思っています。医療人材の確保が課題の地方ではとりわけ、手術、内視鏡、抗がん剤、緩和ケアなど「1人何役」も担える外科医の役割は大きい。また、地方ならではの患者さんとの濃密な関係や住環境の良さなどは私も実感してきました。ぜひみなさんと一緒に群馬県の医療を支えていけたらと思います。

 郡馬大学も医療事故を決して風化させず、「正しいことを正しくやる」組織づくりを続けます。その結果、より明るい組織になり、人材が集まる。改革に終わりはありません。


群馬県前橋市昭和町3―39―15 ☎️027ー220ー7111(代表)
https://gunmahbpsurg.med.gunma-u.ac.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる