九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

筑波大学医学医療系 消化器外科講座 難治がんの代表である膵臓がんに〝文武両道〟で立ち向かう

筑波大学医学医療系 消化器外科講座 難治がんの代表である膵臓がんに〝文武両道〟で立ち向かう

主任教授(おだ・たつや)
1988年筑波大学医学専門学群卒業。
イタリアがん研究財団、国立がんセンター(現:国立がん研究センター)東病院、
筑波大学医学医療系外科(消化器)分野教授などを経て、2019年から現職。
筑波大学附属病院手術部部長兼任。

 膵臓がんの治療開発に力を入れる筑波大学医学医療系消化器外科。膵移植の立ち上げや有効な抗がん剤の研究開発を目指す小田竜也主任教授に現状と今後の方向性を聞いた。

―治療の特徴は。

 膵がん治療の中心である膵頭十二指腸切除は高難度手術の代表格。この手術を受けた患者さんの米国では約8%、日本でも約3%が今でも亡くなっている。私たちはこれまで約400例を実施し、死亡率0・5%の安全性を誇っています。近年は年間40例ほどの方にこの手術を行っていますが、直近の13年は死亡率ゼロを続けています。

 手術が終わった患者さんには、引き続き抗がん剤治療を頑張っていただきます。といっても、皆さん、自宅で会社勤務などの社会生活を続けながら、上手に治療とつきあっています。

 手術ができない膵がん患者さんに対しては、従来の放射線より治療効果が高く、体への負担や副作用も軽いといったメリットがある陽子線治療や、温熱治療を組み合わせた集学的治療を行っています。

 低侵襲手術として注目される腹腔鏡下手術ですが、全てが先進的で最善だとは思いません。私たちは、腹腔鏡の利点、欠点を冷静に見つめ、がん治療と安全性の両方にメリットがある場合にのみ、腹腔鏡を適用しています。

 具体的には、まず食道切除があげられます。従来、食道に到達するためには開胸して肺をどかす必要があり、患者さんの負担が非常に大きかった。そこで、頸部から縦隔鏡を、腹部から腹腔鏡を挿入し、トンネルを開通させるように患部を切り取る縦隔鏡下非開胸食道切除術を行っています。肺を空気にさらすことがなく、患者さんの負担が大幅に軽減します。直腸の手術も、狭い骨盤内を開腹下で直視することは難しく、腹腔鏡を使った手術の方が圧倒的に視野が良く、精緻な手術をすることができます。

―移植グループの動向を。

 日本の移植医療をリードした伝統を持つ当教室として、年間15例程度の腎移植を行っていますが、さらに、膵移植の立ち上げを目指して準備を進めています。 

 豚を使用しての膵腎移植シミュレーションを行ったり、実施施設との連携活動を深めたりして、膵移植の施設認定手続きを2020年度中に済ませる予定です。2021年度中には膵移植を開始し、関東地方での膵移植医療の一翼を担いたいと考えています。

―基礎研究も活発です。

 現在、中心的に行っている研究テーマは、難治がんの代表である膵臓がんにいかに立ち向かうかです。外科手術だけで治すことは不可能、生半可な抗がん剤では立ち向かえません。

 現在の抗がん剤の研究開発は、がん細胞の表面にあるタンパク質を攻撃する分子標的抗体が中心です。しかし、思いのほかいいものが登場しない。その一つの要因として、抗体が狙うタンパク質は表面に露出しているのではなく〝糖鎖〟に覆われていることがあげられます。

 ですから、奥深くにあるタンパクではなく、この最外層の糖鎖を直接攻撃できれば、こんなにも効率的な方法はないと考えました。幸運にも、本学の近くに糖鎖研究の世界的中心である国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)があります。

 現在、糖鎖に結合する物質・レクチンに非常に強力な殺細胞効果を持つ毒素を付け、膵臓がんをたたく治療法の開発に挑んでいます。今後2年半で世界初となる〝糖鎖を攻撃する分子標的薬を人体に実験投与できる段階まで開発する〟という体制をパートナー企業と整えています。

 武=外科医としての技術を磨くこと、文=科学者として医学の再現性を求めること、その文武両道がこれからの外科グループに求められていることだと信じています。


茨城県つくば市天王台1―1―1 ☎️029―853―2111(代表)
http://www.md.tsukuba.ac.jp/clinical-med/ge-surg/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる