九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

第63回関西胸部外科学会学術集会 「創造と革新」 ―Creativity and Innovation―

第63回関西胸部外科学会学術集会 「創造と革新」 ―Creativity and Innovation―

 長い伝統を持つ関西胸部外科学会の第63回学術集会が6月25日(木)・26日(金)の2日間、米子コンベンションセンターで開かれる。「若手胸部外科医の登竜門」と位置付けられる本会。会長を務める鳥取大学医学部器官再生外科学分野の西村元延教授に、見どころを聞いた。

若手への期待をテーマに込めて

 関西胸部外科学会は、日本胸部外科学会を親学会とする一地方会でありながら、日本胸部外科学会とそれほど変わらない歴史を有しており、学術集会開催は今回で63回目となります。胸部外科学会は心臓と呼吸器、食道の3領域をカバー。

(続きは紙面でお読みいただけます。ご入用の方は、info@k-ijishinpo.com へお問い合わせください)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

メニューを閉じる