九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

第42回日本呼吸療法医学会学術集会 こきゅうの季節 〜夏から冬へ

第42回日本呼吸療法医学会学術集会 こきゅうの季節 〜夏から冬へ

 急性期の呼吸管理を主な対象とする日本呼吸療法医学会。「こきゅうの季節」と銘打つ今回の学術集会では、新型コロナウイルス感染症の治療の最新動向に触れられる機会にもなりそうだ。会長を務める志馬伸朗氏に、見どころや意気込みを聞いた。

COVID-19とECMOの最新知見を共有

 当初は6月27、28日の開催を予定していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、12月開催に延期しました。現在、再び感染が広がっている状況を踏まえつつ、今後のさまざまなケースを想定して準備を進めています。

 呼吸管理をめぐる幅広いトピックが予定されています。中でも、世界的な問題となっているCOVID-19と体外式膜型人工肺(ECMO)については、特に充実していると思います。COVID-19への対応については、国内外で刻一刻と知見が積み重なってきています。集会では大きく四つ程度の切り口に分けて、特別講演やシンポジウムを設けます。今後も新たな知見が得られたり、現時点で「新しい」と考えている内容が、12月には古くなったりしている可能性もあります。直前まで変更や追加の対応をしながら、より新しい話題を届けられるように努めます。

 ECMOは新型コロナウイルスの感染拡大前から、重症呼吸不全、特に急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の治療において、普及しつつありました。そこに新型コロナウイルス関連のARDS患者が多く発生し、改めてECMOの重要性を認識せざるを得なくなりました。

 呼吸不全に対するECMOによる治療は、日本は世界の中では後発です。迅速に議論すべきテーマとして、ECMOに関する多くのセッションを予定しています。

多職種と若手の登用

 「肺を痛めない呼吸管理」も注目すべきトピックの一つです。人工呼吸によって患者が結果的に肺障害を来すケースがあることは、臨床現場が長らく抱えてきた課題です。近年、その改善に向けた新たな知見が出てきています。これも当然、新型コロナウイルス感染症の治療の視点が入ってくるでしょう。

 日本呼吸療法医学会は、医師だけでなく看護師、臨床工学技士、理学療法士など多職種がたくさん加わっている学会です。呼吸管理に関するこれらのテーマについて、さまざまなメディカルスタッフの視点から発表や意見交換がなされます。

 また、今回は臨床現場の若手医師を主な対象に、特別講演の演者を公募しました。現場の声を公の場で発表する機会が少ない若手に、思う存分声を上げてもらいたいとの思いからです。オーソドックスな講演と、手技をビデオ上映しながら話す講演の二つに分けて、幅広く募りました。

初のウェブ配信と生セッションの二本立て

 例年の集会規模は約1500人。今回の開催方法については、検討を重ねています。今のところ、従来のような会場での生セッションと、それを後からオンデマンドでウェブ配信するやり方のハイブリッド方式を考えています。ウェブ配信は初めての試みです。ライブ配信は実施しません。

 コロナ禍の中での初めての開催。ある程度のことはオンラインでカバーできる一方、会場の廊下や懇親でのざっくばらんなコミュニケーションも、学術集会が持つ大きな意義の一つなのは確かです。しかし今回は人が集まるリスクを避けつつ、会場に来ても来なくても最新の知見を学べる環境を整えたい。各自無理のない形で参加していただけたらと思います。

 最後に、ポスターは季節感あふれるものが完成。柔らかく爽やかなデザインで、ひそかに自信作と言えるものができたと感じています。

学術集会の主なプログラム(予定)

●レジェンド講演 「新型肺炎に立ち向かう〜COVID-19の経験をふくめて」
12月20日(日)午後4時40分〜同5時20分 竹田 晋浩氏(かわぐち心臓呼吸器病院)

●エキスパート講演 「常に肺に寄り添ってますか?」
12月20日(日)午前11時30分〜午後0時5分 吉田 健史氏(大阪大学)

会期:12月20日(日)・21日(月) 会場:国立京都国際会館
運営事務局:サンプラネット メディカルコンベンション事業部
メール:jsrcm42@sunpla-mcv.com 学会HP:http://jsrcm42.umin.jp/

※情報は9月10日現在のものです。開催について最新の情報は学会HPでご確認ください。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる