九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

第39回日本肝移植学会学術集会 変わりゆく日本の肝移植 〜変貌する移植環境への対応と進化〜

第39回日本肝移植学会学術集会 変わりゆく日本の肝移植  〜変貌する移植環境への対応と進化〜

 肝移植を巡る最先端の知見を共有する「第39回日本肝移植学会学術集会」が6月24日(木)・25日(金)に開催される。集会会長を務める岡山大学病院肝・胆・膵(すい)外科の八木孝仁教授に、会の見どころや意気込みなどを聞いた。

集会会長 八木 孝仁 氏
(岡山大学病院 肝・胆・膵外科 教授)

今回のテーマに込めた思い

 わが国は特殊な環境に置かれています。一つは極端な人口減少社会であること。生産年齢人口が減っていく中で、担い手に多種多様なタスクが課されて生産性を上げないといけません。しかし労働時間は減らさないといけない、という二律背反の命題を背負っています。そもそも肝臓に限らず、移植手術はマンパワーを要するものです。移植に携わる医師の減少が見込まれる中、どのようにして移植医療の質を保っていくかが大きな課題です。

 この難局に追い打ちをかけるように、新型コロナウイルス感染症の脅威が降りかかってきました。働き方改革を遂行しつつ生産性を上げ、人口減少の中でソーシャルディスタンスを保つ…。二律背反どころではなく「四律」背反で、バランスを取って安全・安心な移植をしなければいけません。皆さんの知恵を拝借しながら局面を乗り切っていこうという思いを込め、このテーマを設定しました。

コロナ時代に対応した体制構築の場に

 安全安心な医療を提供するために膨大なマンパワーを割く時代は終わりを告げたと思います。熱意は必要ですが、「熱意=」という考えから脱却し、いかに少ないマンパワーでより安全安心なシステムを構築するのか。例えば、移植は臓器の提供を受ける施設の移植チームが日本全国を飛び摘出に加わりますが、その際に新型コロナウイルス感染症の多発地域ならどうするのか。移植施設のチームが実際に飛んで摘出に加わるのではなく、現地の移植チームが摘出までを担当し、臓器だけを搬入できるネットワークを構築するなど、リモートで解決できる部分は解決する協力体制ができないかと考えています。

 そこで分業制の導入をはじめ、感染リスク低減のためにどうするべきかといった方向性を考えていくためのシンポジウム「コロナ時代における肝移植のニューノーマル」を企画しました。司会は日本移植学会の江川裕人理事長、脳死肝移植適応評価委員会の市田隆文先生にお願いし、演者6人ほどで議論していきます。また、次世代に向けて肝臓移植ができる若手医師の育成と、今後、さらなる協力が必要な若手の肝臓内科医の先生に向けてのパネルディスカッションも予定しています。

現地開催の実現に向けて

 新型コロナウイルス感染症の影響で各種学会はウェブ開催に移行しており、今回の学術集会もまさにその感染症への対応が課題になっています。しかしながら、会場で直に感じたモチベーションや熱気は、やはり強く印象に残ります。ウェブ開催はどこからでもアクセスできる利便性があるのも確かですが、やはり現地開催が最もインプレッションを与える方式であると考えており、全国の感染状況なども考慮しながら現地開催への道を模索しています。

 会場となる岡山・倉敷は交通の便が良好で、風光明媚(めいび)な美観地区も歴史と文化の薫りが色濃く残るエリア。そうした地域の魅力も皆さんに知っていただく絶好の機会ですので、何とか現地開催を実現できればと思っています。

主なプログラム(予定)

●特別講演「ヨーロッパにおける肝移植の分業及び心停止下からの肝移植」
6月24日(木)午後4時30分~同5時30分 Wojciech G. Polak(Erasmus MC)
●パネルディスカッション
「Transplant oncology:肝癌(がん)も含めた切除不能肝悪性腫瘍に対する肝移植の展望」
6月25日(金)午後3時~同4時30分 日比 泰造(熊本大学病院) 久保 正二(大阪市立大学)
●シンポジウム「コロナ時代における肝移植のニューノーマル」
6月25日(金)午前10時30分~正午
江川 裕人(一般社団法人日本移植学会) 市田 隆文(脳死肝移植適応評価委員会) ※順不同、敬称略

会期:6月24日(木)・25日(金) 会場:倉敷アイビースクエア またはウェブ開催
運営事務局:コンベンションリンケージ メール:jlts2021@c-linkage.co.jp
学会HP:https://www.c-linkage.co.jp/jlts2021/

※情報は4月10日現在のものです。開催について最新の情報は学会HPでご確認ください。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる