九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

第30回日本脳ドック学会総会 脳の未病を科学する脳ドック~脳卒中と認知症予防のために~

第30回日本脳ドック学会総会 脳の未病を科学する脳ドック~脳卒中と認知症予防のために~

 脳卒中や認知症を未病段階で発見し、適切な医療につなげるために必要なこととは−。脳ドックを健康寿命の延伸に生かす方法を考える学会総会で会長を務める冨本秀和氏に、データベース活用に向けた取り組みなどについて聞いた。

疾病構造の変化に対応

会長
冨本 秀和 氏
(三重大学大学院医学系研究科神経病態内科学 教授)

 当学会が発足した1992年当時は、脳ドックは未破裂動脈瘤を早期に発見し、くも膜下出血の予防につなげることが主な目的でした。しかし、国内の高齢化が進んだことで疾病構造も大きく変化しました。心原性脳塞栓症を始めとする脳梗塞が増加し、認知症の患者さんも年々増えています。近年はこれらの疾病の予防として脳ドックを受診する人が多く、当学会の名称にも「脳卒中・認知症予防のための医学会」という副タイトルを数年前から付けています。

 今回の総会では、脳卒中や認知症をできる限り未病の段階で発見し、適切な医療につなぐため、「脳の未病を科学する」をテーマに掲げました。MRIの進歩に伴い、現在では脳の小さな出血や大脳白質病変などを正確に発見することができます。しかし具体的にどの程度ならリスクが上がり、専門的な治療を受けたほうが良いのかは不明な点も多くあります。さらにデータを積み上げて層別化する必要があり、総会ではこれを目標の一つにしています。

データベースの活用を議論

 今回のプログラムでは、まず画像診断に関するシンポジウムを予定しています。例えば大脳白質病変は大きさ、形、分布で層別化していますが、統計解析(VBM法)を行うことで容積も評価して、正確に脳卒中や認知症の予兆を捉えられないかを議論します。その他の微小な血管病変を含めて最新、精密な分析で高リスク群を洗い出す手法も話し合えたらと思っています。

 また、脳ドックのデータベースに関連するプログラムも用意します。国内には200を超える脳ドックの施設があり、当学会には膨大なデータの蓄積がありますが、十分に活用できていないのが現状です。そこで、まずは総会前にアンケートを行い、皆さんの声を分析します。総会当日はどのような撮像法が一番コストバランスが良いかや、利用者のニーズにマッチするのはどのような形かを考えて指針となる「標準プロトコル」の策定につなげたいと考えています。

 その他、心房細動への介入もディスカッションしたいテーマです。心原性脳塞栓症は、心房細動が原因でできる栓子が脳血管を詰まらせるもので、できるだけ早く介入できれば脳卒中や認知症の予防につなげることができます。抗凝固薬やアブレーション手術など、心房細動に関する治療法はかなり進歩していますので、その点に関して議論を深めたいですね。

現地、ネット双方の開催模索

 開催まで約半年。開催時期に新型コロナウイルス感染症がどのような状況になっているのかは不透明です。現地とウェブ配信によるハイブリッド方式を予定していますが、できる限り現地での対面をメインに据えて、感染状況次第では現地のみで開催することも検討しています。もちろん、感染防止対策は他学会の対応を参考にしながら万全を期して皆さんをお迎えします。

 会場は伊勢神宮外宮が近接する絶好のロケーションです。また、伊勢市は山の幸、海の幸も豊富。6月下旬ごろは岩牡蠣がおいしい時季です。是非、多くの方に参加して食や文化にも触れていただきたいです。

学術集会の主なプログラム(予定)

●講演1「脳卒中、認知症予防のための脳ドックMRI撮像法の最適化〜脳ドックデータ
ベース構築、脳ドックコース設定に必要な撮像法のベストミニマムを探る〜」
6月25日(金)午前10時〜正午 佐々木 真理(岩手医科大学医歯薬総合研究所)

●講演2「脳小血管病の画像異常の意義を識ろう
〜脳小血管病の画像診断のtips,pitfallについて議論する〜」
6月26日(土)午前10時〜正午 冨本 秀和(三重大学大学院医学系研究科神経病態内科学) ※敬称略

会期:6月25日(金)・26日(土) 会場:シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢
運営事務局:セントラルコンベンションサービス
メール:jbds30@ccs-net.co.jp 学会HP:https://www.jbds30.com/

※情報は1月10日現在のものです。開催について最新の情報は学会HPでご確認ください。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる