九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

第29回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 再考・脊柱再建外科

第29回日本脊椎インストゥルメンテーション学会 再考・脊柱再建外科

 1962年、米国で生まれた「脊椎インストゥルメンテーション手術」。著しい発展の歴史を振り返り、未来を見据える「第29回 日本インストゥルメンテーション学会」が10月、栃木県宇都宮市で開催される。

会長 種市 洋 氏
主任教授)

大きく飛躍した今、「立ち戻る」

 脊椎インストゥルメンテーション手術が始まってから、60年近くが経過しました。脊柱を安定させることや、折れたり曲がったりしてしまった脊柱を金属を使って矯正するのが、この手術のもともとの目的。大きな技術革新によって、かつては術後何カ月も寝たきりだったのが、今では手術翌日には歩き始め、1〜2週間後には退院できるようになっています。

(続きは紙面でお読みいただけます。ご入用の方は、info@k-ijishinpo.com へお問い合わせください)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram has returned invalid data.

コメントはこちらから

メニューを閉じる