九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

第12回日本創傷外科学会総会・学術集会 創傷の診断と進化する治療

第12回日本創傷外科学会総会・学術集会 創傷の診断と進化する治療

 7月9日(木)・10日(金)の2日間、ホテルクレメント徳島で開催される「」。テーマは「創傷の診断と進化する治療」。会長を務める橋本一郎氏は、「形成外科医が向き合う現状の課題などに焦点を当てる」と語る。

会長 
(徳島大学大学院医歯薬学研究部形成外科学分野 教授)

診断と治療、二つの柱を軸に

 今回のテーマでは、創傷の「診断」と「治療」という二つの柱で企画を考えています。創傷をできるだけ早期に治癒に導き、最良の仕上がりを目指すためには、適切な診断が欠かせません。形成外科医が扱う傷は、糖尿病による足の潰瘍など全身疾患に伴うものが多くあります。そこで今回は「正確な診断」という原点について、改めて考えていきます。

(続きは紙面でお読みいただけます。ご入用の方は、info@k-ijishinpo.com へお問い合わせください)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる