九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

福岡県医師会 会長 松田 峻一良

福岡県医師会 会長  松田  峻一良

 新年明けましておめでとうございます。年頭にあたり謹んで新春のごあいさつを申し上げます。

 2020年は、新型コロナウイルス感染症が瞬く間に世界中でまん延し、これまでの日常生活や社会経済活動に大きな影響を与えた1年でした。

 いまだ収束が見えない中、医療従事者の皆さんは混乱する医療現場で多くの困難に直面しながら、地域の医療を支えていただいておりますことに心から敬意を表します。

 感染症対策で重要なことは、早期発見と早期隔離であるため、福岡県では、当初からPCR検査の対象者を国の基準より拡大して濃厚接触者全てを検査することと、できるだけ陽性者の自宅療養をなくすという方針を決定し、重症度に応じた医療体制構築を目指しました。

 また、本会では、2020年12月に陽性者へ宿泊療養をお願いするチラシを福岡県、北九州市、福岡市、久留米市、福岡県医師会の連名で作成し、自宅療養を極力なくしていく取り組みをしております。

 濃厚接触者を広く検査して、陽性が判明したら宿泊療養へ移行し、悪化した場合はすぐに入院していただくという基本的な流れを恒常化することで、県民がしっかりと感染対策をしながら、新しい生活様式を実行できるようにするとともに、医療従事者の負担も軽減できると考えております。

 一方で、2020年末、厚生労働省は「医師の働き方改革の推進に関する検討会」において、中間とりまとめを公表しました。医師の働き方改革は、医師の健康確保と質の高い医療提供体制の確保との両立が大前提であり、以前から、医師の職業の特性を十分に考慮した制度が求められておりましたが、今一番危惧しているのは、このコロナ禍においての拙速な施行は、さらに医療機関を疲弊させ、救急医療だけでなく、地域の医療提供体制を崩壊させる危険があることです。

 地域における外来機能の明確化と連携、そして、かかりつけ医機能の強化が議論される中、今後の医療提供体制をどのようにしていくのか、コロナ禍において根本的に変えていくべきことは何かを常に問いかけ、医療政策を提言し、その道筋をつくっていくことが医師会の役割であると考えております。

 引き続き、皆さまのご協力、ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる