九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

確かな医療と介護サービスで地域から頼りにされる病院へ

確かな医療と介護サービスで地域から頼りにされる病院へ

医療法人社団 敬愛会
理事長(うちだ・やすふみ)
1977年昭和大学医学部卒業。
国立病院九州がんセンター(現:国立病院機構九州がんセンター)厚生技官、
佐賀医科大学(現:佐賀大学医学部)文部教官、内田記念病院(現:佐賀記念病院)院長などを経て、
2003年から現職。

 開業から66年の歴史を有し、病院だけでなく介護施設や健診センターなどをグループ内に持つ医療法人社団敬愛会。その中心的な存在が佐賀記念病院である。病院激戦区でもある佐賀市内でいかに安定経営を維持させていくのか、経営方針や今後の展望について内田康文理事長に聞いた。

―病院の特徴は。

 佐賀市内には、佐賀大学医学部附属病院をはじめ国立病院機構佐賀病院、佐賀中部病院、佐賀県医療センター好生館と急性期の主要な医療機関が4カ所もあります。一方で、回復期は、当院と佐賀リハビリテーション病院の2カ所しかありません。そんな激戦区の中で、当院のような中規模病院が存在感を示すには、急性期病院との強い連携が必要だと考えます。

 中でも当院は佐賀大学医学部附属病院と佐賀県医療センター好生館との連携が強く、両病院からの急性期患者を受け入れ、回復期治療を行っています。当院も急性期機能がありますが、より高度な治療が必要な場合、どちらかの病院にお願いすることが多いですね。

 診療科の中で特に力を入れているのは、総合診療科と整形外科。外来の患者さんが体の不調を感じた時に気軽に相談に来てもらえるように、医師を増員するなどして総合診療科の充実を図っているところです。

 副院長である會田勝広医師は、特に脊椎の分野では広く名前が知られています。彼を中心とした整形外科には、近隣だけでなく佐賀県内外から患者さんが頼ってこられ、当院の特色の一つとなっています。

―その他の取り組みは。

 佐賀記念病院はグループとして、医療法人社団敬愛会と社会福祉法人敬愛会の二つの法人があります。その中に特別養護老人ホームや住居型有料老人ホーム、グループホームなど各タイプの介護施設があり、ベッドも450近くを数えます。

 当院は、これらの施設に入居されている方や利用者の外来、在宅診療を行っています。グループ内施設の入居者や利用者の緊急入院に備え、いくつかのベッドを常に空ける体制を整えています。これにプラスして、周辺の介護施設からも診療の依頼を受けている状況です。

 佐賀記念病院に隣接して、「健診センター佐賀」を運営しています。CTやMRIなど病院と同じような検査機器を完備した完全独立型の健診専門の施設。救急の外来や入院患者さんの検査がありませんので、効率よく検査を受けられます。

 精密検査や治療が必要となった場合、佐賀記念病院を受診していただくことも可能。リピーターや周辺の企業など法人契約も増えており、予防医療の観点からも注目されている施設です。

―今後の展望について。

 先進医療を行う佐賀大学医学部附属病院や佐賀県医療センター好生館との連携を、これまで以上に深めること。急性期と回復期の両方の機能を生かし、救急からリハビリまで幅広い医療サービスを提供していくことです。

 2020年10月には法人全体の借入金の返済がすべて終わり、同11月から無借金経営に移ります。

 介護の分野に先んじて進出したことが、法人全体の安定経営を支える大きな柱となっています。今でこそ病院が介護施設をつくることが一般的になりましたが、当院は1991年に最初の介護老人保健施設を開業。結果的に450近くの床数を有し、経営の安定につながっています。今後も佐賀記念病院、介護施設、そして健診センターの3部門のサービス内容を高め、地域に根差した経営に尽力していくつもりです。

 高速バスなど周辺の公共交通機関が充実してきたこともあり、病院を現在地に移転させた頃より、周囲には多くの住宅が建ち、人口が増えてきました。そんな伸びしろのある地域で、なくてはならない病院であり続けることが私の願いです。

医療法人社団 敬愛会 佐賀記念病院
佐賀市高木瀬町長瀬1240―1
☎0952―31―7771(代表)
http://sagakinen.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる