九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

研究マインドを持つ医師を育てたい

研究マインドを持つ医師を育てたい

福井大学学術研究院医学系部門医学領域 整形外科学分野
松峯 昭彦 教授(まつみね・あきひこ)

1986年福井医科大学(現:福井大学)医学部卒業。
国立大阪病院(現:国立病院機構大阪医療センター)、三重大学医学部整形外科准教授、
同附属病院病院教授などを経て、2016年から現職。

 福井県における整形外科の高度医療を担い、研究面でも多くの実績を挙げている福井大学医学部整形外科学教室。松峯昭彦教授は、後進の育成と同時に、県内企業との新たな研究開発に取り組もうとしている。

―臨床面での特徴は。

 福井県で唯一の大学病院として、整形外科領域のあらゆる疾患に対応し、高度な医療の提供も行っています。骨・軟部腫瘍や脊椎疾患の難治症例を数多く治療しており、人工関節手術や関節リウマチ、骨粗しょう症などにも広く対応。県民の皆さんの期待や要望に応えるため、治療が難しい患者さんを積極的に受け入れています。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる