九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

目指すのは地域完結型の「断らない医療」

目指すのは地域完結型の「断らない医療」

社会福祉法人恩賜財団 済生会支部 福岡県済生会二日市病院
院長(かべむら・てっぺい)

1982年順天堂大学医学部卒業。
九州大学医学部附属病院(現:九州大学病院)、福岡県済生会福岡総合病院副院長、
福岡市医師会成人病センター(現:福岡大学西新病院)院長などを経て、
2020年から現職。

 福岡市のベッドタウン、筑紫医療圏の一翼を担う二日市病院。地域医療支援病院、災害拠点病院として救急医療に取り組む。壁村哲平院長は「変化と失敗を恐れず、地域のニーズに対応できる病院づくりに粘り強く取り組みたい」と抱負を語る。

済生会「らしさ」を発揮する三つの追求

 病院トップとしてのかじ取りは2回目。福岡市医師会成人病センター(現:福岡大学西新病院)院長時代に経営を改善・安定化させた。その手腕が評価され、2018年から院長代行として福岡県済生会二日市病院の運営に携わってきた。

(続きは紙面でお読みいただけます。ご入用の方は、info@k-ijishinpo.com へお問い合わせください)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram has returned invalid data.

コメントはこちらから

メニューを閉じる